渋谷すばるドームツアー不参加に憶測飛び交う!本当の理由を予想

2018/04/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

2018年4月15日に関ジャニ∞の渋谷すばるさんが同年12月31日をもってのグループ脱退とジャニーズ事務所退所を発表しましたね。

 

関ジャニ∞メンバーでの記者会見は「関ジャニ∞の絆の強さを改めて感じた」「ひとりひとりのそのままの言葉で話していたのが好感が持てた」と高評価でした。

 

さて、関ジャニ∞は7月から五大ドームツアーを行う予定です。

札幌ドーム 7月15日(日)

ナゴヤドーム 7月21日(土)~23日(月)

大阪ドーム 8月23日(木)~26日(日)

東京ドーム 9月6日(木)~9日(日)

福岡ドーム 9月15日(土)~16日(日)

 

このドームツアーには渋谷すばるさんは参加しません。

――せめて今年いっぱいとか、あるいはコンサートツアーが終わるまでやるという決断はなかったのか? なぜこのときなのか?

渋谷「自分の意思が固まったのが今年の1月くらいなので、自分の中でそういったことが固まった以上は事務所にもなるべく早くお伝えしないと、もし今後いろんな仕事が頂いてたり、決まってたりしたならば、どんどんご迷惑が大きくなるだけだなと思ったので、お伝えしたんですが、自分がお伝えしたときには、もうアルバムの制作だったり、ツアーの制作が始まっていた段階だったので、その段階で自分が把握しているすべての仕事はやらせて頂きますという意思でお話させて頂きまして、あとは事務所の判断もそうですし、実際活動していくのは6人のメンバーなのでそこはお任せしますという話をしました」。

――せめてコンサートがおわった後という判断は?

渋谷「コンサートの制作始まっていたので、すべて終わるまでは僕が責任持ってやらさせてくださいということでお伝えさせて頂いたんですが」。

――コンサートが6人体制で行われることに対しては?

渋谷「僕はもう全て受け入れて、自分に残されたやるべきことを責任持ってやらさせていただきたいなという気持ちです」

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2109601/

 

この会見内容から様々な憶測が飛び交っているようです。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所が渋谷すばるさんの希望を聞き入れなかった説

一見この会見内容からすると、渋谷すばるさんはツアーに参加したかったのだが、ジャニーズ事務所がそれを許さなかったというように確かに取れるのですよね。

そのために、一部ファンからジャニーズ事務所や藤島ジュリー景子副社長に対するバッシングが発生しました。

その理由としては、年末で脱退する渋谷すばるさんをドームツアーに参加させてしまうと、翌年発売するコンサートDVDに渋谷すばるさんが映ることになるからだそうです。

ものすごい大人の事情を感じましたし、そういう理由ならありえてしまうかもな…とも感じてしまいましたね。

 

15周年の幕開けは6人体制で説

このドームツアー、関ジャニ∞の15周年の幕開けでもあります。

 

ですから6人体制で新しい関ジャニ∞として前を向く姿を見せていくべきなのでは、と会見中にも言っていました。

-今後のツアーの意気込みは。

村上「曲をどうするか、セットリストのことも含めてですけど。すばるが歌ってたところをどうするかがまず最初の課題になりますけれども。そこで、僕とかヨコ(横山)が歌った時に笑われないようにしなきゃいけないですし。これからの表現の一つになってきますから、そこは僕らなりにベストを尽くして、考えた上で、皆さんに届けた時にきちんと6人でもやっていけるんだなという姿を提示できるのが最善かなと思っています」

引用元:https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/15/0011166829.shtml

 

会見中の渋谷すばるさんの言葉の端々にもファンを思う気持ちがにじみ出ていましたし、関ジャニ∞は本当に「エイター」と呼ばれるファンのことを一番に考えているのだなぁと伝わってきましたね。

脱退については何回も話し合いを持ったそうですし、もちろん15周年の幕開けであるドームツアーに渋谷すばるさんが参加するのかしないのか、ということについても話し合われたことでしょう。

そこには本人たちしかわからない葛藤があって、そのうえでの「渋谷すばるさん不参加」という結論ですから「前を向いて6人でもやっていけるところを見せたい」というこの言葉にはとても重みを感じます。

 

まとめ

確かに6人体制でもできることを見せたい、ということはキレイごとかもしれず、その裏には事務所の圧力が本当はあるのかもしれませんが、事務所の思惑と本人たちの意志はまた全くの別物だと考えます。

事務所の思惑と本人たちの意志が「渋谷すばるさんドームツアー不参加」という一致したものだったとしても、そこに含まれる意味は全く異なるものですし、その結果事務所と本人たちが得るものも全く異なってきますよね。

 

会見では普通に受け答えをしていても、6人体制という新しいことに挑戦するのですから不安も大きいでしょう。

しかし事務所はどうでもいいので、本人たちの前向きな姿勢と今後を応援したいと思いましたね。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.