小山慶一郎が復帰するのはいつ?ニュースキャスターがクビなら今後は?

2018/06/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

2018年6月7日、未成年の女性との飲酒により芸能活動を自粛することを発表したNEWSの小山慶一郎さん。

これからは飲み会の時にいちいち身分証明書を見せてもらわないとダメな時代だな!と思いましたが、小山慶一郎さんの復帰はいつになるか気になりませんか?

小山が所属するジャニーズ事務所は7日、一部週刊誌で小山と加藤シゲアキ(30)が未成年と飲酒したと報じられたことを受け、小山が一定期間の活動自粛、加藤は厳重注意の上書面による反省を促すと発表した。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2113110/full/

今回は小山慶一郎さんはいつ芸能活動に復帰するのかを予想してみました。

スポンサーリンク

小山慶一郎が復帰するとしたらいつ?

過去の事例から予想

ジャニーズで不祥事、というと真っ先に思いつくのがやはり元TOKIOの山口達也さんの無期限謹慎(のち退所)ですね。

他にも不祥事はありまして、

2001年 元SMAP 稲垣吾郎さん 道路交通法違反と公務執行妨害で現行犯逮捕され、約5か月間活動休止しました。
2009年 関ジャニ∞ 錦戸亮さん よそ見運転により衝突事故を起こし、ジャニーズ事務所から口頭による厳重注意を受けました。2009年 元SMAP 草なぎ剛さん 泥酔して公園で全裸になり、公然わいせつで現行犯逮捕され、約1ヶ月活動休止しました。

稲垣吾郎さんのケースでは、公務執行妨害であったのにもかかわらず5ヶ月で活動再開できています。今回は小山慶一郎さん本人が謝罪もしていますし、5ヶ月よりは短いのではないかと予想します。

ところがジャニーズ事務所は…?

ニュースキャスターとしては犯してはいけない失態を犯してしまった小山慶一郎さん。

本人の意志はどうなのか不明ですが、ジャニーズ事務所はどう考えているのでしょうか。

「ジャニーズは『2週間後に小山を番組に戻したい』と日テレに言ってきたのです。

そんなことを許せば世間の反発を食らうことは間違いない。

日テレも即答できずに、とりあえず返事を保留しました。

さすがにのめない話だと思いますが…」(日テレ関係者)

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14838838/

2週間は早すぎますよね~!あれだけの会見をしておいて、2週間って、本気で反省しているの?と世間からは取られかねないですね。

それをジャニーズ事務所が主導でやろうとしているのなら、判断を間違っていると思います。

小山慶一郎がもしニュースキャスターをクビになったら

今回の不祥事でニュースキャスターをクビになる可能性も出てきた小山慶一郎さん。

ニュースキャスターが不祥事を起こしたらどうなるのでしょうか?

信頼されることがニュースキャスターという仕事に大きくかかわってくるニュースキャスターは、セクハラや不倫、お金の問題などが発覚するとまず全く異なる部署に異動になります。

テレビには出さない、ということですね。ですからニュースキャスターとしてはそこで終わり、となるケースがほとんどです。しかし、それはテレビ局勤務である場合であって、その後フリーになり活躍している人もいます。

夏目三久さんはそうですね。

ですから、小山慶一郎さんとしては不本意かもしれませんが、ニュースキャスターとしては仕事ができなくなっても、もともとのアイドルとしての仕事は普通にしていくと予想します。

小山慶一郎の今後に対するネットの声

やはりファンとしては辛いし、小山慶一郎さんに頑張ってほしいと思いますよね。

ジャニーズ事務所に対する批判はかなり多い印象です。

NEWSとしては、今月28日にニューシングル「BLUE」が発売予定で、

同曲は日本テレビ系「ワールドカップ ロシア2018」テーマソングに起用されている。

また、8月11日・12日に味の素スタジアムで結成15周年ライブを開催予定だった。

これらの活動について、7日午後3時半時点では事務所公式サイトに掲載されている。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2113110/full/

9日18時時点でも結成15周年ライブはジャニーズ事務所公式サイトに掲載されていますね。

また、「BLUE」のリリースも掲載されていますね。NEWSとしての自粛は今のところないようです。

まとめ

小山慶一郎が復帰するのはいつなのか、ニュースキャスターがクビなら今後はどうなるのか、ということについて予想しましたがいかがでしたか?

ニュースキャスターは、他人の不祥事にもコメントをしますよね。それなのに自分はそうなのか、意識が低いのではないかと感じざるを得ませんでした。

本職ではない芸能人がコメンテーターになったりニュースキャスターになったりすることは、プライベートでもかなりの自覚と用心が必要なのだなということを改めて考えさせられましたね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.