新年度をポジティブに迎えたい人のための引き寄せの法則的心構え!

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

新年度が近づいてきましたね。環境が変わる方も多いのではないでしょうか。

環境が変わる新年度の時期は、引き寄せの法則で望むものを手に入れやすい時期でもあります。

周囲を取り巻く人が変わりますから、新しい出会いがあるかもしれません。

環境が変わったことにより、自分が望んだものが近づいてくるかもしれません。

そう考えると忙しくてなんとなく憂鬱な新年度も楽しみになってきませんか?

気分もポジティブに向かってきますよね。

環境が変わって緊張する新年度だからこそ!引き寄せの法則を活用して新年度をポジティブに迎えるための心構えについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

憂鬱な新年度の時期を自分の味方にする引き寄せ的考え方

引き寄せの法則というのは「自分が感じている感情に対応した現実が引き寄せられてくる」という皆に平等に働いている法則です。

ですから、欲しいものがある時はそれをイメージするというよりは、「それを手に入れた時の感情をイメージする」といいのですね。

この引き寄せの法則を新年度に適用してポジティブになるためにはどうすればいいでしょうか。

それは、ポジティブな気持ちを先に感じることなのです。

 

ポジティブな気持ち、というと

・やる気に溢れている
・どこまでも頑張れる
・テンションが高い

というイメージを持つかもしれませんが、

・ほっとする
・暖かい気持ちになる
・好きだな、と感じる

というような気持ちもポジティブの仲間です。

ポジティブな気持ちを沢山知っておいて、先に感じていると、新年度をポジティブに迎えられますし、ポジティブな出来事を引き寄せることが出来ますよ。

 

ポジティブでいるために新年度でもできること

とは言うものの、新年度はとっても忙しくて自分のことなんて構っていられない、という方もおられますよね。

そのような方は、「自分がポジティブになれることリスト」を準備しておくといいですよ。

 

新年度で忙しすぎると、食事が適当になってしまったり、自分の好みを忘れてとりあえず間に合わせにしてしまったりします。

そうすると自分の気づかないところで少しづつストレスが溜まってくるのですね。

ただでさえ新年度でストレスがかかっているのにまたストレスが重なるのは避けたいですね。

ですから、「自分がポジティブになれることリスト」「自分が好きなものリスト」を作っておいて、ちょっと疲れたなと感じたらそれを見てその中から選んで行動すると、ポジティブになれますよ。

 

忙しくて疲れたら自分を労ってポジティブに戻る

新年度の時期は忙しいのもありますし、周囲も忙しいので気持ちが落ち着くときがなくほっとできません。

「ほっとできない」「ひと息つけない」ということは常に緊張状態にあるということで、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。

新年度だからといって、自分を緊張状態にずっと置いていると疲れも取れにくくなってきますし、考えがネガティブに傾きやすくなります。

 

スポンサーリンク

新年度の忙しさを明るく愚痴ってポジティブになる

新年度は忙しいので、どうしても愚痴を言いたくなりませんか?

なんでこんなに忙しいの!と。

そのような時に愚痴大会になることもありますが、愚痴は一概に悪いものではありません。

今しんどいなという気持ちを口にするだけでストレスは少し解消されます。

ですから信頼のおける空間において愚痴大会はしてもいいのですが、一つポジティブに新年度を迎えるために気をつける点があります。

それは、「明るい愚痴大会」にすることです。

暗い愚痴大会とは

・会社が悪い
・◯◯さんが悪い
・社会が悪い

というような、出口の見えない愚痴を言い合ってしまうことです。

これではポジティブになれませんよね。

本当に改善してほしい点は提案するべきですが、どうにもならないことは(『社会が悪い』はまさしくそうですよね)明るく愚痴を言って笑い飛ばすと笑顔になりますしストレスも少し解消されますよ。

 

これはNG!すべて自分で背負い込む

新年度をポジティブに迎えるためにこれはNG!な行動は、誰にも頼らないですべて1人で背負い込んでしまうことです。

先述した愚痴大会も言う相手がいるから成り立つのですよね。

自分一人ですべてを背負い込んで、上手く行っていればまだいいのですが、仕事量や作業量が多すぎて処理できなくなるとしんどくなりますよね。

そして、助けを求められればよいのですが、1人で背負っているとそれもなかなか出来ません。

しかし、周囲は助けを求められないと1人で背負っている人の状況がわからないものなのです。

ですから、直接的に仕事を手伝ってもらえる環境ではなくても、周囲の人とつながってコミュニケーションを取りましょう。

自分の話を聞いてもらう間柄をつくるということも、新年度をポジティブに迎えるためにとても大事なことなのですよ

 

まとめ

新年度をポジティブに迎えるための引き寄せの法則的心構えについてお伝えしましたがいかがでしたか。

人間の特徴として「感じたいと思っているものを感じる」という性質があります。

ですから、「ポジティブなものを感じたい」と普段から思っていれば、ポジティブなことを目にすることが多くなります。

そうすると自分もポジティブな気持ちになることが出来て、引き寄せの法則によりポジティブな気持ちならポジティブな出来事を引き寄せられてきます。

自分が「ポジティブなものを感じたい」と思うこと。

それが新年度をポジティブに迎える一番のコツでした。

新年度はそうはいっても忙しいので自分のペースを崩しやすい時です。

自分に目を向けて、よく労ってあげてくださいね。

 

新年度繋がりでこんな記事もありますよ。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.