好きなことをしているのに困難にあたってしまった!引き寄せ的困難の乗り越え方!

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

引き寄せの法則では「好きなこと」のパワーを有効活用することがオススメです。

好きなことだからポジティブになることが出来ますし、ポジティブな気分を感じていればその気分に引き寄せられたポジティブな出来事を引き寄せることが出来ます。

 

しかしだからといって好きなことをやっていれば困難が起こることもなくすべてうまく行く、ということでもありません。

好きなことをやっているのに困難が起こるの…?と不思議になりますよね。

そこで今回は、好きなことをやっている時に起こる困難の理由と、その乗り越え方について引き寄せの法則的にお伝えします。

 

スポンサーリンク

好きなことのパワーは最強です

引き寄せの法則を活用したいと考えるならば、是非自分の好きなことをしましょう。

これは、好きなことを仕事にしましょう、ということに限らず、とにかく好きなことをしましょう、という意味です。

 

実は現実の生活を送る中で、自分の好き嫌いを封印してしまい自分の好きなことがわからなくなってしまっている方がいるのです。

そのような方はまず好きなことを思い出すことから始めると良いですね。

 

めでたく好きなことが見つかったならば、それを是非行動に移してください。

とても小さいことかもしれません。

それでも、好きなことのエネルギーは、あなたにポジティブな出来事を運んでくるために動き出すのです。

 

好きなことをしているのに困難が起こる理由とは

引き寄せの法則に従えば、好きなことをやっていれば順風満帆で困難など起こらないと思いますよね。

しかし実際には好きなことをやっていても困難は起こります。

その理由には以下の様なものがあります。

 

①好きなことをしているが引き寄せの法則的下心がある
②自分の想定以上のことが起こる前兆である
③実は好きなことではなかった

 

①について、引き寄せの法則が有効に活用できるのは「好きなことを純粋に楽しんでいる時」なのですね。

その好きなことを純粋に楽しんでいる時の「好き」のポジティブな感情が、ポジティブな出来事を引き寄せてくれるのです。

例えばお金のように何かを引き寄せたくて好きなことをしていると、願いが曲がっている状態ですからポジティブなことは引き寄せられてこないのです。

 

②について。

例えば自分の計画していたことがとある都合で頓挫してしまったという場合、そこで諦めてしまいそうになりますが、好きなことだったら諦めきれませんよね。

その困難に負けずに行動していると、当初の計画よりも数倍素晴らしい計画を実行できるようなチャンスがいきなり訪れたりします。

それは、好きなことをしているポジティブな感情が、自分が思っていた以上のポジティブな出来事を引き寄せてくれた結果なのです。

しかしそのためには当初の計画をとりやめさせる必要があるので、一見困難と思わせるような出来事が起こるのですね。

 

③について、好きなことだと思っていたことが実は違っていたという場合ですが、そのような場合は好きなことをもう少し細かく考えてみると良いですね。

技術を極めたいのか、自分の技術を他人に提供して喜んでもらいたいのか、ということでも進むべき方向性は全く変わってきます。

そして、好きなことをしているはずなのに困難ばかりが起こる時は、好きなことをしてはいるのだけど方向性が違うということがあります。

自分の好きなこと、好きな方向性にシフトしてみましょう。

 

困難が起こった時に引き寄せの法則的に避けたい対処法

好きなことをしていて困難が起こった時に、引き寄せの法則的には「好きな気持が足りないのでは」と自分を疑い出すことや、「好きなのだからこんなことは困難ではない」と自分の苦しい気持ちを無視するようなことは避けるべき対処法です。

 

好きな気持ちが足りないから困難が起こると自分に言い聞かせることは、自分に不足や欠点があり、それを責めていることになります。

そうすると、引き寄せの法則により、自分に不足や欠点があると思わせられるような出来事や、自分を責めるような出来事が引き寄せられてきてしまいます。

 

また、「好きなことをしているのだからこんなことは困難ではない」と自分の苦しい気持ちを言い聞かせることは、「今苦しい」という自分の気持ちを無視することです。

自分に無視された気持ちは、自分に気づいてもらうためにさらに「苦しい」と感じるような出来事を引き寄せてきてしまうのです。

 

ですから、好きなことをしていようがしていまいが、自分が「今苦しい」と感じたならば「今苦しいのね」と自分の感情を受け入れてあげてください。

認められた感情は昇華して余計な物を引き寄せることはありませんよ。

 

スポンサーリンク

困難が起こった時の引き寄せの法則的対処法

それでは困難が起こった時の引き寄せの法則的対処法ですが、まずは自分の今の感情を認識しましょう。

 

・困惑:どうしてこんなことになったんだろう?
・不安:どうしたらいいんだろう?
・悲しみ
・怒り

 

このような感情を否定することなく受け入れてください。

「そうかそうか、しんどいよね」と十分すぎるくらいに受け入れてください。

 

この「困難に当たった時の感情」を受け入れ続けていると、自分の中の不安や困惑が収まってきて、だんだんとポジティブな気持ちになってきます。

そうすると、ポジティブな解決方法や行動するべきことが思いつくのです。

誰かに助けを求めることかもしれません、相談することかもしれません。

 

思いついたことを行動に移してください。

この行動はポジティブな気持ちから思いついていることですから、ポジティブな結果を引き寄せてくれますよ。

 

困難すらも楽しんでしまえば引き寄せの法則は更に味方してくれますよ

困難なんて起こらないほうがいいですよね。

でも、本当に何も起こらない、順風満帆は本当に楽しいのでしょうか。

越えられない壁は現れないと言いますが、その壁は苦労しなければならないと決まっているわけではありません。

 

ここで、「苦労すれば報われる」という思い込みは手放してください。

この思い込みを持っている以上、好きなことをしていても不必要な困難が降り掛かってきてしまいます。

 

自分の目的は「好きなことを楽しむこと」のはず。

困難を越えることすら楽しんでしまえば、その「楽しい」の感情がさらに楽しい出来事を引き寄せてきてくれますよ。

 

まとめ

好きなことをしているのに困難にあたってしまった時の引き寄せの法則的考え方と対処法についてお伝えしましたがいかがでしたか。

 

好きなことをしていれば困難は起こらない、と思っていますか?

しかし、困難も何も起こらないことは本当に楽しいのでしょうか。

 

好きなことならば困難を乗り越えられるという理屈は乱暴すぎますが、好きなことをするということは困難を乗り越えることも含んだことなのです。

困難を乗り越えると経験値が上がったり、スキルが身についたり、人間関係が強固になったりしますよね。

 

その、困難が与えてくれるギフトも好きなことをしていたからこそのものですよね。

好きなことをしていて困難に当たったら、その困難すらも楽しんで人生を謳歌してください。

 

少し前の記事ですが『好きなこと』繋がりでこんなのもありますよ。

 

引き寄せって本当に効果があるの?どうやったらいいの?という方にはこちらがおすすめです。

 引き寄せの扉
引き寄せの扉

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.