リラックスするタイミングはいつがいい?辛いストレスを解消する方法

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

ストレスと上手に付き合う方法として「適切なタイミングでリラックスする」ことが基本ですね。

そのリラックス方法は個人によっていろいろなものがあります。

 

しかし、普段生活していると

・これはストレスなのだろうか
・リラックスするタイミングなのだろうか
・リラックスまでして対処するべきストレスなのだろうか

と悩むことがありませんか?

 

単純に「リラックスなどしている暇がない!」という方もおられるでしょう。

そこで今回は、ストレスを上手に解消するための、リラックスするべきタイミングやリラックス方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

ストレスは小さいうちなら解消も簡単です

ストレスと上手に付き合うためには

・ストレスは溜めると解消することが難しくなる
・ストレスは小さいうちなら自分で解消することが出来る
・ストレスは体が受けるものと心が受けるものがある
・ストレスは生きている限り受けるものである

ということを覚えておいてください。

 

生きている限りストレスは受けるもので、成長するためや環境に順応するために必要なストレスもあります。

ですから、ストレスを0にしようとするのではなく、解消できるところから順次行っていくという対処法がオススメです。

 

ストレスがかかっているなというサインの例とは

ストレスはリラックスすることである程度解消することが出来ますが、なかなか「自分にストレスがかかっている」と見極めることは意識していないと難しいですよね。

リラックスするタイミングがわからないのもストレスがかかっていることが明確にはわからないからなのです。

 

今ストレスがかかっている状態だなと判断する目安ですが、

ネガティブ感情を感じている時

をまずは認識してみてください。

 

・辛い
・悲しい
・怒りを感じる
・虚しさを感じる
・疲れた
・行動したくない

このような感情を感じた時はストレスがかかっている時ですから、リラックスのタイミングでもあるわけですね。

 

自分に合ったリラックス方法をご存知ですか?

ところで、ストレス解消のためにはストレスの根源を解決すればよいのですが、このストレスの原因が例えば車の渋滞など解決できないものだとどうしようもありませんよね。

ですから、ストレス解消はまずは対処療法ということで、自分に合ったリラックス方法を試してみてください。

 

リラックス方法の例ですが

・好きなものを食べる
・好きなものを見る(景色、芸能人、物、番組、映画などなど)
・笑う
・好きな香りを楽しむ
・ストレスの内容を明るく誰かに話す

などが手軽でどこでもやりやすい方法ですね。

 

・趣味を楽しむ
・スパ、マッサージなど文字通りリラックスサービス

なども休日に是非試してみて欲しいリラックス方法です。

 

いわゆる世間で言われている「リラックス」の枠にとどまらず、自分が見たり接したりした時に「ホッと一息つける」ことは自分にとっては立派なリラックス方法なのでリスト化してみると良いですね。

 

スポンサーリンク

リラックスするタイミングはこのタイミング

ストレスを感じているなと思ったら、そこがリラックスするべきタイミングです。

ただ、ストレスを感じていることから気を逸らすのではなくて、「今これについてストレス感じたのよね」と自分が何にストレスを感じたのかをまずははっきりさせてください。

 

そして「そりゃストレス感じるわー!」と自分に共感したら、リラックスするタイミングです。

自分に合ったリラックス方法を試してみてください。

 

小さいことなのですが、コツコツ解消していくと小さいストレスを溜めなくて済みますよ。

 

自分の感情を認めることは簡単にできるリラックス方法です

ところで、最もストレスを感じるのは「自分のことを理解されない」と感じるときです。

その思いは容易に「自分には味方がいない」という思い込みに繋がり、孤立感を感じてしまうほどなのですね。

 

しかし、挨拶をしたのに返してもらえなかった、という些細な事でも「嫌われている!?」とストレスを感じることもありますよね。

そのような時は、「挨拶を返されなかったら不安になるよねぇ」と一旦自分の気持ちに寄り添って見てください。

これも「自分の気持ちに共感する」とちょっとホッとします。

 

そうするとストレスも少し解消されていて、気持ちに余裕ができるのでリラックスも出来ていることになります。

頭の中だけで出来る、お手軽ですが効果アリのストレス解消リラックス法、是非試してみてくださいね。

 

まとめ

ストレスに打ち勝つべくリラックスするべきタイミングについて、リラックス法と共にお伝えしましたがいかがでしたか?

 

今回は主に気持ち面からのストレス解消リラックス法やタイミングについてお伝えしましたが、体が受けるストレスも気を付けてあげてください。

・睡眠不足
・栄養の偏り
・生活リズムの乱れ

は体に少なからずストレスをかけます。

 

心と体と両方からストレスに対する対処をし、リラックスするとストレスを溜めずに快適に生活することが出来ますよ。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.