ゾンビランドサガはなぜ佐賀県が舞台?聖地巡礼やロケ地巡りの場所はどこ?

2019/01/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

冒頭からの出落ちで度肝を抜かれたテレビアニメ「ゾンビランドサガ」

1話見たあとだから言える。これはいいPV詐欺(笑)

事前の情報では女の子達がゾンビから逃げまわるパニックホラーかと思っていましたが、いい意味で予想を裏切られました。

 

さてこのアニメ「ゾンビランドサガ」は舞台が佐賀県なのですね。

まさか「サガ=佐賀」だとは思いもよらず…主人公の源さくらも佐賀弁丸出しです(笑)

 

今回はテレビアニメ「ゾンビランドサガ」の舞台はなぜ佐賀県なのか。またロケ地として地元の人にお馴染みの場所が登場するのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

TVアニメ「ゾンビランドサガ」はなぜ佐賀県が舞台なのか

 

この「ゾンビランドサガ」、実は企画立ち上げから4年もの月日を経てテレビアニメ化されました。

企画からプロデューサーとして関わっている、サイゲームスの竹中信広氏によると

弊社の代表に「佐賀県のアニメを作りたい」と言われたことがきっかけになっています。佐賀にロケ班に行くようになり、佐賀県への愛着とともに、佐賀の可能性をビンビンに感じるようになり、いまのような形になりました。
引用:https://www.famitsu.com/news/201810/08165516.html

ということでした。

また佐賀県にはサイゲームスの「佐賀デバッグセンター」があったり、2019年12月には「Cygames佐賀ビル(仮称)」が竣工予定と、ゆかりを深めつつあるようですね。

 

TVアニメ「ゾンビランドサガ」聖地巡礼やロケ地巡りするなら

見出しの数字は、アマゾンプライム等の動画配信サービスで登場する大体の時間となっています。

 

第1話「グッドモーニング SAGA」

開始1分ほどで思わず声が出てしまう展開の早さ。幸太郎がぶっ飛んでて面白すぎます。

鍋島治療院前(5:29)

源さくらがゾンビ達から逃げてきた場所。この後警官に…

 

旧三菱合資会社唐津支店本館(9:05)

9:05と21:46辺りに登場する洋館風の建築物。幸太郎をはじめゾンビ達の拠点というか事務所なのかな。

なんでしょうね…気になります。

 

ライブハウスGEILS(13:57)

源さくら達の初ライブの場所。

 

北山湖(20:44)

20:44辺りで登場。事務所?は唐津市の旧三菱の建物がモデルですが、このシーンの背景は北山ダムらしいです。

改修工事の為、2018年10月1日から2019年3月31日(予定)まで、ダム堰堤が立入禁止になっていますので注意!

 

第2話「I♡HIPHOP SAGA」

デス娘改めグリーンフェイスのふれあいライブの回。さくらとサキの即興ラップバトルで不覚にも感動しました。

鍋島直正公銅像(8:36)

 

寿通り商店街(9:49)

さくら達が夜中に歩いているシーン。地図では泉屋商店になっていますが、泉屋商店と極真会館佐賀支部本部事務所との間にある路地が寿通り商店街でした。

今は解体され、閉鎖されているとのこと。

 

COFFEE SHOP ボガ(10:06)

寿通り商店街の中でボガの窓にさくら達の顔が映るシーンがありました。こちらの喫茶店も現在は閉鎖されています。

 

佐賀城鯱の門(14:03)

 

佐賀城 本丸歴史館(14:35)

さくら達の2回目のライブ会場。ユニット名は「デス娘」でしたが最後は何故かヒップホップに(笑)

 

宝当神社(18:52)

 

源さくらと二階堂サキのラップバトルで、開幕にサキが言ったセリフ「まじで宝当(ほうとう)神社までぶっ飛ばす」より。

宝当神社は定期船でないと行けない場所にあるので、マジぶっ飛ばされたら帰ってくるのが大変です。

 

第3話「DEAD OR LIVE SAGA」

ワンフォーゾンビィ!オールフォーゾンビィ!の回。リーダーがサキに、グループ名がグリーンフェイス改め「フランシュシュ」に決まります。

6号民俗資料館緑地(10:08)

夜更けの回る遊具のシーン。危ないのでスピード出し過ぎ注意。顔から着地するハメになります。滑り台もここにあります。

 

竹下製菓株式会社(14:28)

映っているのは「ミルクック」と「ブラックモンブラン」でした。竹下製菓は佐賀県を代表するお菓子のメーカー。こちらのお菓子、九州でしか展開していないそうです。残念。

Amazonでも売ってますが、送料がネックかも。

 

唐津駅北口(14:40)

ゲリラライブの会場。アニメ 「ユーリon ice!!!」の舞台としても有名ですね。

 

第4話「ウォーミング・デッド SAGA」

営業で普通にアイドルしてるかと思ったら最後のホラーパート。広報部長のおばちゃんはご愁傷様でした。

華翠苑(5:17)

営業でフランシュシュが連れてこられた華翠苑(かすいえん)。よくOKしたなと思う。当たり前ですがゾンビは出ません(笑)

 

 

嬉野温泉公衆浴場シーボルトの湯&嬉野橋(6:42)(6:47)

シーボルトの湯の目と鼻の先が嬉野橋。

 

井出酒造有限会社(6:43)

 

嬉野温泉公園の方からさくらと純子が見ていたのは井出酒造。

井出酒造 有限会社

「虎之児(とらのこ)」が代表的で、佳撰から大吟醸まで各種揃ってます。

 

嬉野カフェ(6:48)

アニメで映っていたのは嬉野カフェと食菜市場きはらの間の細い路地でした。

嬉野カフェは老舗旅館を改装したお店で、趣がありますね。お一人様でも大丈夫そう。

 

豊玉姫神社(6:52)

日本三大美肌の湯のひとつ。豊玉姫神社の御神体は白ナマズ。さくらと純子が柄杓で水を掛けまくってました。

 

風月堂(7:14)

 

創業52年の歴史を持つ老舗の洋菓子屋さん。ジョイフル佐賀嬉野店の眼の前にあります。

嬉野の天然記念物”大茶樹”の実に見立てたお菓子が一番人気だそうです。

大茶樹(だいちゃじゅ)は1個97円ですよ。

 

モカ(7:22)



アニメの映像にも映っていますが、広川鮮魚店さんのすぐ隣。アニメでは巽幸太郎が普通に営業トークしてて、なんかフフってなる(笑)

 

嬉野温泉 湯宿広場(8:44)

エンディングでも出てくる嬉野温泉湯宿広場。さくらが改めてアイドル目指して頑張ることを宣言し、みんなの心がひとつになります。

 

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(12:04)

Bパート前のアイキャッチ。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは世界規模の熱気球大会で、今年は10月31日(水)~11月4日(日)の期間で開催されます。

 

久光製薬(12:17)

アニメの久中製薬のモデルとなった薬品会社。九州に本社があったのですね。さくらが持っていたパッケージには「サガンシップZ」と書いてありますが、パッケージは「サロンパス」がデザイン元な感じ。「サロンシップ」も久光製薬ですが、「サロンパス」との違いは(細かい成分などを除けば)伸縮性だけだそうです。

 

 

 

第1話から第4話までがブルーレイとして発売されますね。

 

第5話「君の心にナイスバード SAGA」

今回はサキのテンションが面白かったですね。佐賀失格(笑)

ドライブイン鳥 伊万里本店(1:59)

Aパートはドライブイン鳥。

アニメでは、まさかの社長さん御本人が声当てしています。素人さんのセリフの量じゃないですよねえ。

ここ行ってみたい。

ドライブイン鳥 公式ホームページ

 

 

釜揚げ牧のうどん 和多田店(11:53)

Aパート後のアイキャッチより。

「牧のうどん」は福岡県と佐賀県と長崎県で展開するうどんのチェーン店。佐賀県内には和多田店、伊万里店、鳥栖店の3店舗があります。

麺が柔らかくてどんどんツユを吸うので、小さなやかんに入ったスープが用意されています。食べても食べても無くならないので「食べても食べてもなくならない魔法のうどん」と呼ばれています(笑)

店舗検索などはこちら→株式会社 釜揚げ牧のうどん

 

唐津くんち(11:59)

Bパート前のアイキャッチより。

「唐津くんち」は唐津神社の秋の例大祭で、ユネスコ無形文化財に登録されています。

曳山(ひきやま)という山車(だし)を、曳子たちが祭り囃子に合わせて唐津市内を練り歩きます。曳山は乾漆の見事な工芸品で時価にすると1~2億円にも相当するとか。

地図の「曳山展示場」に行けば常時展示してありますよ。

曳山展示場

 

鹿島ガタリンピック会場(12:47)

佐賀ジェンヌになりたかったら参加必須のガタリンピック。

星川リリィの声の人、田中美海さんがゾンビランドサガのTシャツを着てガタリンピックに出場していましたね。ガタチャリ出場でまさかの2位という。

 

第6話「だってセンチメンタル SAGA」

愛と純子のアイドルとしてのプライドが激突する回。2人の死因も明らかになりました。

ライブハウス GEILS(10:24)

第1話でフランシュシュが初ライブを行ったライブハウスが再登場。フランシュシュのミニライブ&チェキ会が行われます。

 

さが美人(14:48)

Aパート後のアイキャッチより。

さが美人は佐賀県産の温州みかんの人気ブランド。県が定めた基準をクリアしたものだけが「さが美人」のブランドを冠することができます。

主にJAさがの直売所などで販売されています。

販売店の検索はこちら

 

 

さが錦(14:52)

Bパート前のアイキャッチより。

地図はさが錦を製造・販売している村岡屋さんの本店。さが錦は和風の蒸し菓子をベースに、上下に薄くカットしたバームクーヘンを載せてチョコレートで貼り合わせたもの。

 

 

九州電力(株) 唐津発電所(16:15)

純子が歩いているシーンで遠くに見えていた火力発電所。「夕方+馬鹿デカい建物」は絵になりますね。

 

高島(16:19)

海辺を歩く純子の向こうに見える島。この島にある宝当神社は宝くじ当選にご利益があることで知られています。

 

唐津城跡(16:21)

波打ち際を歩く純子の後方に見えるのが唐津城跡。

 

ブラウン管テレビ(17:41)

 

ロケ地じゃないのですが、ブラウン管テレビが出てくるアニメもそうそうは無いような。テレビの上に載っている木彫りの熊と、右側チラッと映っている赤ベコがいい味出してます。

 

赤ベコは福島の伝統工芸品でした。

 

中島商事唐津支店(18:46)

サキが愛を探していた場所。市内では一番大きい文房具店。

 

山崎団地児童公園(19:04)

サキと愛が雨宿りしていた公園。愛が自らの死因をカミングアウトします。

 

ベストアメニティスタジアム(19:35)

Jリーグのサッカーチーム「サガン鳥栖」のホームグラウンド。愛の伝説のラストコンサート会場(悲)

 

第7話「けれどゾンビメンタル SAGA」

サガロックでフランシュシュの伝説のライブ回。控えめに言っても神回でした。

嘉瀬川緑地(13:33)

 

サガロックの会場は嘉瀬川緑地が有力ですかね。

 

伊万里湾大花火2018(12:50)

Aパート後のアイキャッチ。

花火大会の詳細は伊万里市の公式ホームページへどうぞ。

 

Cygames佐賀ビル(仮称)(12:55)

Bパート前アイキャッチ。

「Cygames佐賀ビル(仮称)」は来年の2019年12月を目処に開設するとのことですよ。

 

第8話「GOGO ネバーランド SAGA」

リリィのターーーン!

まさかアイドルアニメで泣かされるとは思わなかった。

 

巨石パーク

冒頭の宮野劇場より。リリィと幸太郎の絡みの場面で、幸太郎のセリフで唐突に出てきました。

 

嬉野総合運動公園

嬉野温泉夏祭りの会場、嬉野総合運動公園。

 

シシリアンライス

Aパート後のキャッチアイより。

まさおのお父さんの同僚も好物のシシリアンライスは佐賀県のご当地グルメとして有名。さらっと少し前にご当地キャラのシシリアンナちゃんが出てました(笑)

便宜上地図はアリユメさんの場所ですが、20以上の佐賀市内のレストランや喫茶店でシシリアンライスを提供していますのでチェックしてみてください。

 

アスパラガス

Bパート前キャッチアイより。

北海道に次いで国内第2位の出荷量を誇るアスパラガス。通常のグリーンアスパラガスに加えてホワイトアスパラガスも生産しています。

ベーコンと一緒に炒めると美味しいんですよね~。

 

神野公園

「また神野公園行きたいな、パピィと一緒に」「ああ。来季のドラマ撮影が終わったら行くか」

そして来季のドラマ撮影が行われる前にリリィは死んでしまいました。

 

656広場(むつごろう広場)

リリィのお父さんがイベント開始を待つ列の先頭で待ってますがデカすぎる(笑)

そして歌に込めたリリィからお父さんへのメッセージが素敵すぎる(泣)

 

第9話「一度は尽きたこの生命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己のSAGA」

タイトル長いけど、リリィ回と同じかそれ以上の神回でした。

 

嘉瀬川(0:22)

毎年開催される佐賀インターナショナルバルーンフェスタは、嘉瀬川の河川敷で行われています。

 

たまごっち(0:50)

ちょいちょいサキのセリフに出てくるたまごっち。生前のシーンでは、ますくっちで喜んでいる姿が。

 

こちらのデザインのたまごっちに似ていますね。

 

魚ロッケ(13:26)

Bパート前アイキャッチより。

魚ロッケ(ギョロッケ)は名前の通り魚のすり身をコロッケにしたもので、近年カレー味が出たことで更に人気が出ているとか。

地図は魚ロッケの元祖と言われている「ふじ川蒲鉾本店」さん。カレー風味とあっさり塩味があり、どちらも1枚80円。他にもゲソ天にハモ天に玉ねぎ天など、天ぷら好きにはたまらないお店です。

 

鏡山(14:59)

麗子の娘・万梨阿(まりあ)宛に、敵対する暴走族グループの総長・美沙が決闘の場所として果たし状に記しました。

麗子「死ぬかもしれんとよ!?」

サキ「あたしはぜってー死なんばい」

あかん、泣いた。

 

第10話「NO ZOMBIE NO IDOL SAGA」

さくらが「どやんす!?どやんす!?どやんす!?」からの猪に〇〇れる回。

じゃなくて、1話の悪夢再来の回。

 

ふるさと会館アルピノ(3:30)

ここアルピノで500人規模のライブが決定し、フランシュシュのレッスンに(特にさくらに)熱が入ります。

アルピノとは造語で、スペイン語の虹(ARCOIRIS)と松(PINO)の2つの単語からつくられました。唐津のシンボルと言われている虹の松原の「虹」と、唐津市の木「松」を表現しているとか。

 

天山(6:15)

天山は標高1046mで、佐賀県のほぼ中央に位置します。

山ごもりでレッスンのはずが、サバイバルキャンプになってしまいますね。

 

波戸岬サザエのつぼ焼き売店(13:50)

Aパート後のアイキャッチより。

地元の漁師さんが魚貝類をその場で焼いてくれます。さざえ一皿(3~4個)で500円とリーズナブルなお値段が魅力。いつ行ってもお客さんでいっぱいです。

 

からつバーガー(13:54)

Bパート前のアイキャッチより。

唐津バーガーは、名前の通り唐津市のご当地グルメのひとつ。

虹の松原の駐車場にて、からつバーガーの移動販売バスで購入できます。虹の松原の駐車場以外にも、市内に数件の店舗があるのでそちらでも買うことができますね。

 

第11話「世界にひとつだけの SAGA」

源さくらの生前の記憶が戻る替わりに、ゾンビィになってからの記憶が失われる回。

そして21:30あたりからの流れで巽幸太郎が好きになる回。

 

徐福長寿館(8:36)

巽幸太郎が飲んでいる後ろに掛かっている絵の建物が「徐福長寿館」

秦の始皇帝の命令で不老不死の霊薬を求めて海を渡り、現在の佐賀県にたどり着いたのが当時方氏として名を馳せた徐福でした。その徐福に関する資料を展示・収蔵するのがこちら。

段々と物語の根幹に近づいてきた気がしますね。

 

徐福像(8:55)

徐福長寿館と同じくBARの壁に掛けてある絵が「徐福像」

この像は佐賀県ではなく、鹿児島県の冠岳展望公園に建てられています。

 

清酒 鍋島(8:57)(13:13)

「BAR Jyofuku」で巽幸太郎が飲んでいると思われるのが富久千代酒造の日本酒「鍋島」

2011年の世界的なワインコンテスト「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」のSAKE部門で鍋島の大吟醸がチャンピオンを受賞しました。その後も全国新酒鑑評会などの著名な大会で入賞歴多数。

Aパート後のアイキャッチの鍋島は特別純米酒ですね。

 

山本常朝 葉隠(9:07)

ロケ地ではありませんが、巽幸太郎がBARのマスターをこう呼びました。

山本常朝(やまもと つねとも)は江戸時代の武士であり、佐賀藩士でした。42歳で出家した後に「つねとも」から「じょうちょう」と読みを変えています。

「武士道と伝ふは死ぬ事と見付けたり」という一節が有名な「葉隠」の元となる口述を行ったのが山本常朝でした。

ちなみにこの言葉の意味、目的のためなら手段は選ばないといった風に捉えられがちですが、本来の意味としては「滅私奉公(めっしほうこう)」が近いのではと感じました。

 

呼子のイカ(13:17)

イカの町とも言われる呼子は、一年中イカの活造りが食べられることで有名です。イカしゅうまいも名物ですよ。透明で歯ごたえがあって甘みのある呼子のイカは、店頭で売られているイカとは別物だそうです。

イカの活造りが食べられるお店は「河太郎」や水中レストランの「萬坊」「いか本家 本店」などがあります。

また地元唐津のホテルや旅館でも、イカの活造りが食べられるプランがありますね。

 

 

アパホテル 佐賀駅南口(15:32)

サガホテルプラザ=アパホテル佐賀駅南口(旧佐賀ワシントンホテルプラザ)

竹下コーポレーションが経営しているということで、ランチバイキングではブラックモンブランやアイスクリームの食べ放題があるとか。

 

 

長松公園(17:32)

さくらが過去の「もっとらん自分」をブランコに座って回想するシーン。

そして安定の吉野警官(笑)

 

 

 

鏡山展望台(18:17)

鏡山展望台から北を望むと、日本三大松原のひとつ虹の松原が一望できます。また唐津市の全景も見渡せます。

巽幸太郎の「俺が持っとるんじゃーーーい!!」にグッと来た!

 

第12話「グッドモーニング アゲインSAGA」

あっという間に最終回。

 

6号民俗資料館緑地(1:48)

回転遊具にポツリと座るさくらの元へ、にわとりの鳴き声と共に山田たえがやって来て踊り始めます。

さくらは一言「こわいっちゃけど」と言い残して去っていってしまいますね。

山田たえの寂しそうな表情が涙を誘います。

 

さくらが座っていた回転遊具、壊れてしまって今は撤去されてしまいました。残念。

 

FANTASTIC LOVERS(11:23)

巽幸太郎の回想の中、教室でさくらが落とした「FANTASTIC LOVERS」は水野愛が在籍していたアイアンフリルのCD。

さくらはCDを拾ってくれた学生に「いぬいくん、ありがとう」と微笑みながら声を掛けます。いぬいが巽幸太郎の本名…?

 

アイドルとは死ぬことと見つけたり(11:46)

Aパート後のアイキャッチ。

11話にも出てきた山本常朝の葉隠の有名な言葉「武士道と伝ふは死ぬ事と見付けたり」のもじり。

さくらが手にしているのは「葉隠聞書」でしょうか。

 

 

唐津城(11:52)

Bパート前のアイキャッチは唐津城。

この時期(12月)だと特にイベントは無さそうですが、日没から22:00までライトアップしています。

季節によって時間帯に変更があるようですので、ライトアップ目当てで行く場合は注意してくださいね。

 

アルピノ(12:14)

突如発生した爆弾低気圧(948hPa!)が九州北部を直撃。この台風並の低気圧は、猛吹雪の危険が有り出歩くのが危険なレベル。佐賀史上最大の降雪量でバスも運休となってしまいました。

「持っとらんにも程がある」と言いたくなりますね。

 

フランシュシュのライブはどうなったのか。まだ見ていない方はAbemaTVで見逃し配信をやってますよ。

AbemaTV ゾンビランドサガ #12

 

エンディング曲「光へ」

広川鮮魚店前(21:57)

エンディング曲の歌い出しの所。道はあまり広くないです。

 

公衆浴場シーボルトの湯前(22:03)

シーボルトの湯の駐車場入口前。

 

唐津線高架下屋台街(22:09)

高架下の屋台が十数件並んでいる所。夜はどんな感じなのでしょうね。ちょっと行ってみたいです。

 

マンホールの蓋(22:16)

佐賀市内にある下水のマンホールの蓋。この図柄は色々な場所にあって、ここ!と特定するのは難しそう。

 

嬉野温泉 湯宿広場(22:24)

全国的にも珍しい、足蒸し湯を無料で楽しめる所。駐車場が少し分かりづらいらしいのでご注意を。

 

嬉野温泉公園(22:30)

 

RAG・G(22:37)

雰囲気のあるライブハウス。たまにアイドルもライブをやるとか。

 

小田売店(22:45)

唐津城の登り口にある売店。

 

唐津城の藤棚(22:51)

唐津城の藤は4月下旬から5月上旬が見どころだそう。

 

豊玉姫神社(22:58)

 

美肌に効果があると言われる”白ナマズ様”が御神体です。夜は幻想的な雰囲気に。駐車場は無いのでご注意ください。

 

唐津駅前(23:05)

唐津駅の北側にこの像が建っています。

 

COFFEE SHOP ボガ(23:13)

すでに閉鎖されている喫茶店ボガ。エンディングのような構図はもう見られないんでしょうね。

 

旧三菱合資会社唐津支店本館(23:19)

 

 

まとめ

テレビアニメ「ゾンビランドサガ」の舞台がなぜ佐賀県なのか、また登場する場所やロケ地について調べてみました。

オープニング曲からは想像もつかないエンディング曲で、何から何まで予想を覆してきた「ゾンビランドサガ」

これからの展開も楽しみなので、引き続き見てみたいと思います。

残念ながら1期は終わってしまいました。

2期が待ち遠しいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.