虹色デイズ(実写映画)主題歌や挿入歌の曲名は?歌詞や動画まとめ

2018/09/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

飯塚健監督の実写映画「虹色デイズ」の公開日が7月6日と、もう間もなくです。

この映画は別冊マーガレットで連載された少女マンガ「虹色デイズ」が原作なのですね。
なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんの青春を謳歌する姿が描かれた原作は、連載が終了した今でも根強いファンがいます。

実写映画「虹色デイズ」を盛り上げる主題歌や挿入歌はいったいどんな曲なのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

実写映画「虹色デイズ」の主題歌は?

実写映画「虹色デイズ」の主題歌は、特別にこの映画のために書き下ろされた『ワンダーラスト』という曲です。

『ワンダーラスト』MV オリジナルVer./降谷建志

『ワンダーラスト』MV 映画「虹色デイズ」Ver./降谷建志

ロックバンドDragon Ashの降谷建志(ふるや けんじ)さんが作曲しました。
ちなみに『ワンダーラスト』という言葉は「旅行への強い情熱」を意味し、旅心放浪願望などと訳されます。

 

『ワンダーラスト』の歌詞は?

※歌詞が公開されていました!
→ 歌詞(UtaTen)

 

まだ歌詞は正式には公開されていませんでした。

こちらからリクエストできるみたいですよ。発売と前後してカラオケにも入るでしょうから、いずれ大手の歌詞検索サイトで掲載されるはずです。

公開されたら追記したいと思います。

 

降谷建志プロフィール

生年月日:1979年2月9日(39歳)
血液型:B型
所属レーベル:MOB SQUAD(モブ・スクワッド)

ミクスチャー・ロック・バンド Dragon Ashのボーカル、ギター。Kj(ケージェー)という別名も持っています。
既婚で奥さんはタレントのMEGUMIさん。家族は男のお子さんが1人います。父親は俳優の古谷一行さんですが、敢えて名字を降谷と変えて芸名にしたとのこと。

 

実写映画「虹色デイズ」の挿入曲は?

映画が高校を舞台としているだけあって、10代20代に人気のあるアーティストの曲が選ばれているようですね。

 

『虹』フジファブリック

歌詞(歌詞タイム)

軽快な8ビートのポップナンバー。晴れた日にドライブしながら聴きたいですねえ。


 

『バウムクーヘン』フジファブリック

Fujifabric- バウムクーヘン(youtube)
歌詞(歌詞タイム)

「怖いのは否定される事 僕の心は臆病だな」というところがポップだけれどどこか哀愁のあるメロディと共に胸に刺さります。


バウムクーヘン

 

『17歳の唄』阿部真央

阿部真央さんご本に歌っているPVが見つからなかったので、chamaruruさんカバーバージョンの動画です。

歌詞(歌詞タイム)

この曲は阿部真央さんのアルバム「ふりぃ」に収録されています。下記のリンクからイントロ45秒だけ聞けるので是非聴いてみてほしいです。ロックです。カッコいいです。


ふりぃ(期間限定生産盤)

 

『群青』Leola

Leola(レオラ)さんの『群青』はPVが公開されていません。それもそのはず、まだ未発売の新曲でした。

 

※「LOVE,LIFE & LAUGHTER」には収録されていませんでした。群青は「虹色デイズ オリジナルサウンドトラック」の方に収録されています。

 


「虹色デイズ」オリジナル・サウンドトラック

 

8月1日発売のミニアルバム「LOVE,LIFE & LAUGHTER」に収録されているのではないかと予想されますが、確定ではないので分かり次第追記したいと思います。

 


LOVE,LIFE & LAUGHTER(初回生産限定盤)(DVD付)

 

『your song』SUPER BEAVER

大西ゼミ×井手町 your song
歌詞(歌ネット)

ストレートなギターサウンドとストレートな歌詞が魅力のSUPER BEAVER。いつかのインタビューで「ライブと楽曲に対して絶対の自信がある」(柳沢さん)といい切っちゃっててカッケーな!と思いました。your songに限らず名曲ばかりです。「らしさ」と「ありがとう」が好き。


your song

 

実写映画「虹色デイズ」について

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一
監督:飯塚健
原作:水野美波
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾

 

まとめ

実写映画「虹色デイズ」の主題歌や挿入歌の曲や歌詞についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

どの曲も、爽やかな青年達の爽やかな青春を彩るにふさわしい曲ばかりでした。
私は特に阿部真央さんがお気に入りになりましたよ。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.