半分青いロケ地は瑞浪市のどこ?バス停の場所とアクセス方法は?

2018/05/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

2018年連続テレビ小説「半分、青い」のロケ地情報についてお伝えしております。

今回は瑞浪市。

4月19日放送分を含む第3週のNHK「半分、青い」あらすじページはこちら。写真も豊富ですよ。

「半分、青い」第3週

スポンサーリンク

高校生の鈴愛が運命の人に出会うバス停は瑞浪市の万尺公園

運命の恋を意識し始めた高校生の鈴愛が自転車の学生・小林とちょっと運命的な出会いをするこちらのバス停のシーンは、岐阜県瑞浪市の万尺公園でバス停をセットして撮影されました。

引用元:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_03.html

 

万尺公園はこちら。バス停は万尺公園の入口にセットされたそうです。

万尺公園の隣にある鉄塔が、鈴愛の後ろに見える鉄塔ですね。

鈴愛がカセットテープを渡そうとした場所がこちら。鉄塔が目印です。

場所はJR中央本線瑞浪駅からタクシーで10分程度、約800円です。

距離は1kmなので、天気がよかったら歩いても気持ちがいいですね!

参考サイト:NAVITIME タクシー料金検索

写真のように自転車で走ったら気持ちよさそうだなぁと思い、レンタサイクルがあるのか調べてみましたが、残念ながらないようでした。

この万尺公園、鈴愛の実家である岐阜県恵那市岩村町の岩村町商店街(劇中の名前はふくろう商店街)からは直線距離で17㎞。

ちょっと距離がありますね。全然別の場所で撮影されました。

岐阜県瑞浪市へのアクセス

瑞浪市のアクセス案内ページはこちら

車だと、中央自動車道瑞浪ICで降ります。

瑞浪ICの次(東京長野方面)が恵那ICで、恵那市は鈴愛の実家があるふくろう商店街のロケ地であった岩村町がありますね。

電車では、JR名古屋駅からJR中央本線(塩尻・中津川方面)の14個目の駅が瑞浪駅です。名古屋駅から1時間程度です。

 

瑞浪市は化石の町 科学館がたくさんある!

 

瑞浪市は科学館や博物館がいくつもあるのですね。それぞれの満足度も高いようです。

 

岐阜県先端科学技術体験センター(サイエンスワールド)

公式サイトはこちら

何があるところなのでしょうか?

何ができるところなの?
・約1時間のサイエンスショー(科学実験ショー)
・液体窒素を使った科学体験ができるスペシャルワークショップ
・身近な科学から先端科学まで実験体験できるワークショップ
・休日には、手軽に科学を学び楽しく体験できるわくわくワークショップ
や親子で科学実験に挑戦できるチャレンジワークショップ
・科学を深く追求する公開講座
・他にも科学に関する蔵書が収められた科学図書館があります。

 

住所:〒509-6133 岐阜県瑞浪市明世町戸狩54

電話番号:0572-66-1151

開館時間:9:00-17:00

閉館日:原則月曜日および祝日の翌日休館

入館料:無料

引用元:http://www.sw-gifu.com/

無料!ワークショップの実費がかかる場合はあるようですが、それにしても無料!

駐車場もあるようです。

子供たちが楽しそうですよね。やはり無料は魅力です(笑)

いろんな体験ブースがあったり、1時間のサイエンスショーがあるのだそうです!

理科にあまり興味がない子でも楽しめそうですね!

 

瑞浪市化石博物館

公式HPはこちら

どうして瑞浪市で化石?と思ったら、このような理由でした。

瑞浪市化石博物館は、1974年に開館した全国でも珍しい化石専門の博物館です。

岐阜県瑞浪市とその周辺には、今から2000万~1500万年前の新生代中新世(しんせいだいちゅうしんせい)(Miocene(マイオシーン))の湖や海でできた地層が広く分布しています。

この地層は瑞浪層群と呼ばれ、当時生息していた貝・魚・ほ乳類・植物などおよそ1500種類におよぶ化石が産出します。

化石博物館では、中央自動車道工事の際に採集された化石や市内各所から採集された化石をはじめ、25万点以上もの化石を収蔵、保管し、常設展示室では約3000点の化石を展示しています。

これらの化石たちは、瑞浪が湖や海だった頃の様子を私たちに教えてくれます。

引用元:http://www.city.mizunami.lg.jp/docs/2014092922650/

たくさん化石が出るのでしょう、化石採集体験は随時行われています。

化石関連のイベントが企画されていますよ。

  • 化石のレプリカを作ろう!
  • 恐竜の模型を作ろう(入門編・応用編)
  • 夏の化石教室(化石マイスター養成編)
  • コハクの原石を磨こう!
  • レジンを使って鉱物・化石標本を作ろう!
  • 小さな化石モンスターを探せ!

面白そう…!人気も高いようです。料金は500円~1700円。

 

住所: 〒509-6132 瑞浪市明世町山野内1-47

電話番号:0572-68-7710

開館時間:9:00-17:00

閉館日:主に月曜日と火曜日ですが、休館日カレンダーに従います

入館料:大人200円(高校生以下は無料)

四館共通入館料(化石博物館・瑞浪市陶磁資料館・地球回廊・市之瀬廣太記念美術館)

(高校生以下は無料)

大人700円

引用元:http://www.city.mizunami.lg.jp/docs/2014092922704/

萌えキャラがいます。人気高いようです(笑)

すごく精巧な模型ですね!こんなのできたらうれしいですよねぇ。

化石好きにはもちろんたまりませんが、見学するにしたがって化石に興味が出てくるかも!?と感じました。

 

瑞浪市地球回廊

HPはこちら

展示物中心なのにキレイに保たれているのもあって面白い…という口コミがありました。

住所: 〒509-6133 瑞浪市明世町戸狩67-1

電話番号:0572-68-9950

開館時間:9:00-17:00

閉館日:月・祝日の翌日・年末年始

入館料:大人200円(高校生以下は無料)

四館共通入館料(化石博物館・瑞浪市陶磁資料館・地球回廊・市之瀬廣太記念美術館)

(高校生以下は無料)

大人700円

引用元:http://xn--w0w51m.com/chikyu/

すごい迫力が伝わってきますよね。

そう!このような口コミが多かったのです。一見の価値あり。

カラフルなトンネルは珍百景として紹介している口コミもありました。

まとめ

「半分、青い」のヒロイン楡野鈴愛が運命の人?に出会ったロケ地のバス停はどこ?アクセス方法は?ということをご紹介しました。

バス停のロケ地であった瑞浪市は科学の町でしたね。また入館料が無料だったり安かったりするので家族連れにはありがたいと思いました。

理科嫌いな子でも、実際ワークショップに参加すると興味を持つこともありますから、親御さんが率先して楽しむと家族で楽しむことができそうですね!

ふくろう商店街のロケ地となった恵那市岩村町の岩村町商店街についてご紹介した記事はこちらです。

 引き寄せの扉
引き寄せの扉

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.