アンダーテールはダウンロード版の値段が安い?違いやPC版の購入方法

2018/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

なんか話題になってるからデルタルーンをプレイしてみたけどどういうこと?と頭の中が???となった人も多いとか。

アンダーテールをクリア済みの人からすれば「先にアンダーテールやれよ」と突っ込みたいところでしょう。

アンダーテールはトビー・フォックス氏によってPC版(Win・Mac・Linux)が最初に制作され、その後PS4、PS Vita、Nintendo Switchに移植されました。それと前後して、PC日本語版も発売されています。

PC・各ゲーム機ともパッケージ版とダウンロード版が存在し、パッケージには通常版とコレクターズエディションがあります。

今回は「アンダーテール」ダウンロード版の値段や、パッケージ版との違い、購入する方法などについてです。

 

スポンサーリンク

 

「アンダーテール」ダウンロード版の値段が安い?

 

結論からいうと、PCを持っているならPCダウンロード版が980円(税込)と値段が最安値です。特典などに興味がなくて、友達とゲームの貸し借りをしないのならおすすめですね。

PC及び各ゲーム機のパッケージ版とダウンロード版、それぞれの値段を比較しました。

まずはダウンロード版の値段から。

PC版ことSteam版(PC/Mac/Linux) 980円(税込) 2017年8月22日発売
PS4/Vita版 1620円(税込) 2017年8月16日発売 ※クロスバイ対応でどちらでもプレイ可
Nintendo Switch版 1620円(税込) 2018年9月15日発売

 

次に一般販売のパッケージ版値段。

PC版(PC/Mac/Linux) 無し
PS4版 4320円(税込) 2017年8月16日発売
PS Vita版 4320円(税込) 2017年8月16日発売
Nintendo Switch版 4320円(税込) 2018年9月15日発売

 

Fangamer Japan独占販売のパッケージ版の値段。値段は「通常版/コレクターズエディション」となっています。

PC版(PC/Mac/Linux) 4320円/9504円(税込) 2018年1月11日発売
PS4版 4320円/9504円(税込) 2018年1月11日発売
PS Vita版 4320円/9504円(税込) 2018年1月11日発売
Nintendo Switch版 4320円/9504円(税込) 2018年9月15日発売

 

Fangamer Japanではアンダーテールのマグカップや、デルタルーンのピンバッジなどのグッズも販売していますよ。

Fangamer Japan

 

「アンダーテール」ダウンロード版とパッケージ版との違い

 

どのPC・ゲーム機でもダウンロード版とパッケージ版では、ゲームのストーリーに違いはありません。

違いは物理的に形があり手元に残るか、また特典があるかや値段だったりします。

通常版の特典は、テミー・チャン氏による24ページのストーリーブックレット。

 

コレクターズ・エディションの特典はブックレットに加えて

・「UNDERTALE」コレクターズエディション2枚組サウンドトラックCD(収録曲数100以上)
・「UNDERTALE」トビー・フォックスによる解説付き、楽譜ブックレット(日本語版,6曲収録)
・14金でコーティングされた真鍮製オルゴールロケット
・日本語版限定「イヌみくじ」(戌年の2018年12月31日販売分まで)
・「ちていのなかま」マイクロファイバークロス(Nintendo Switch版限定

 

が付属します。

 

特典とか要らね。増えていくケースとか邪魔だし。という方はダウンロード版がおすすめ。

ディスクの入れ替えが不要になるのは地味に効きますよ。

 

特典ほしー!やっぱり手元にあると安心!という方はパッケージ版がおすすめ。

 

 

「アンダーテール」PC版ダウンロード購入方法

 

「アンダーテール」PC日本語版のダウンロードはSTEAMのサイトからダウンロード購入できます。購入にはSteamの会員登録(無料)が必要です。

 

Steamの会員登録→アカウント作成の流れはこちらも参照してみてください。

 

「アンダーテール」のダウンロードページはこちら。

STEAM – Undertale

 

 

購入方法について別記事でまとめました。

 

「アンダーテール」をPCでプレイするのに必要なスペック

 

各OSの最低スペックと推奨スペックは以下の通り。

Windows
最低
OS:Windows XP/Vista/7/8/10
メモリー:2 GB RAM
グラフィック:128MB
ストレージ:200 MB 利用可能

推奨
OS:Windows 7/8/10
プロセッサー:2GHz+
メモリー:3 GB RAM
グラフィック:512MB
ストレージ:200 MB 利用可能

 

MacOS X
最低
OS:Mac OS X
メモリー:2 GB RAM
ストレージ:200 MB 利用可能

推奨
OS:Mac OS X
メモリー:4 GB RAM
ストレージ:200 MB 利用可能

 

SteamOS + Linux
最低
OS:Steamの他のゲーム動くPCならたぶん大丈夫とのこと
メモリー:2 GB RAM
ストレージ:200 MB 利用可能

推奨
OS:Ubuntu 14+
メモリー:2 GB RAM
ストレージ:200 MB 利用可能

 

公式サイトより動作確認の為にデモ版がダウンロードできます。こちらは英語版のみ。

Undertale – DEMO

 

まとめ

アンダーテールのプレイ時間はルートによって違いますが、初見で5時間から6時間程度。慣れたらGルートで2時間、N・Pルートで4時間といったところでしょうか。

とはいえ戦闘システムがシューティングなので、キーボードで遊ぶかコントローラーで遊ぶかでも変わってきそうですね。

まずはネタバレ無しでのプレイを強くおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.