心が折れそうな時の対処法 ! 上手くいかないときでも前向きになる方法とは?

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

やりたいことをやっていたり、目標に向かってやっているのに上手くいかないことが続いて心が折れそうになることがありますよね。

このブログでもそのような時の対処法についてお伝えしました。

その記事がこちら。

 

その対処法を使ったり、または成果が出たりして前向きになれても、またも上手くいかないと感じて心が折れそうになることがあります。

あまりにもその回数が多くなると「この方向で正解なのだろうか?」と自分のやっていることに対して不安になってきてしまいます。

このような時に前向きになってまたチャレンジ出来るようになりたいと思いますよね。

 

そこで今回は、やりたいことをやっているのに上手くいかないことが続いてまたも心が折れそうになっている時に、前向きになれる考え方をお伝えします。

 

スポンサーリンク

上手くいかないと心が折れそうになることは何回も巡ってきます

やりたいことをやっているのに、ちょっとやったら「こっちでいいのだろうか」と不安になって心が折れそうになってしまうのは嫌ですよね。

でも、「上手くいかない」と感じて心が折れそうになることは実は何回も巡ってくるのです。

それは、やっていることが進んでいるからこそ起こる現象で、自分がもっと上のレベルを目指しているからこそ当たる壁なのですよね。

 

一見上手くいかないことが続くので心が折れそうになりますが、前進しているからこそ壁に当たるのであってその場に留まり続けているなら壁に当たることもありません。

ですから、上手くいかないと思うことがあるのは前進しているということなのです。

自分が頑張っていることを認めて労ってあげてくださいね。

 

だからといって上手くいっていないというわけではありません

ここで、「本当に上手くいっていないのか?」ということを考えてみてください。

人間は幸せにすぐ慣れてしまうという性質があります。

やりたいことに取り組んで、ある程度の成果を上げた時嬉しかったですよね。

 

でもそれがすぐに当たり前のことになってしまい、自分の努力や頑張りも「出来て当たり前」と評価しなくなってしまうのです。

上手くいかないと感じているかもしれませんが、本当に成果は一つも出ていないのでしょうか?

 

上手くいかないと思っていると本当に上手くいかない現実が訪れます。

やっていることが成果を結んでいるのならば、そこはしっかり認識して自分の頑張りを認めましょう。

自分がやらなければその小さく見える成果も出ないのです。

自分がやったからその成果が出ているのですよ。

 

小さいポジティブをしっかりキャッチして幸せ感度を上げましょう

ではどうすれば前向きになれるかということですが、自分が出した成果をしっかり認めることが大事です。

上手くいかないと心が折れそうになっている時は、「上手くいっていない」という証拠を集めてしまいます。

そうすると余計に心が折れそうになり、不安になって迷いが生じてきて決断力や行動力が鈍ってくるので本当に成果が出なくなってしまいます。

 

ですから、前向きになるためにはどんなに小さい成果でもそれを喜び、じっくり味わって、自分がやったからだ、自分が頑張ったからだと自分を労いましょう。

そんなことしても虚しいと思うかもしれませんね。

しかし、自分の出した成果を喜んでいると、少しずつ自分が満たされてきます。

 

少しずつ自分が満たされてくると、やる気が出てきたり前向きになれたりしてきますから、そこでまた行動を起こすのです。

自分が得た幸せをしっかり感じられると、その気持ちがまた幸せに思うような出来事を運んできてくれますよ。

 

スポンサーリンク

不安に感じ前向きになれない自分を抱きしめるイメージで

上手くいかないこと続きでまたも心が折れそうになっている時は、自分を叱咤激励したくなりますよね。

・もっと頑張らなければ
・ここが出来ていなかった
・まだまだ休んでいられない

このような言葉を自分にかけていると自分は休むことができなくなってどんどんとやる気を消耗していきます。

 

エネルギーを充填することが許されない状態に置かれてしまうのです。

このような時は自分の不安にしっかり寄り添ってください。

「このやり方でいいのか不安に思うのよね」

とジャッジしないで自分の思いを聞くのです。

 

ここでどんな弱音が出てきても、本当にやりたいことなら気持ちはひよることはありません。

ですから自分の弱い気持ちにしっかり寄り添って抱きしめて、心のエネルギーを満タンにしてあげてくださいね。

 

心が折れそうになっても諦めきれないなら続けるべきなのです

上手くいかないこと続きで心が折れそうな時、もう辞めてしまおうか、別のやり方を試してみようかと思いますよね。

そう思ってもよいのですが、自分の不安にちゃんと寄り添うと「それでもやっぱり自分はこれをやりたい」という気持ちが湧いてきます。

一時の成果の有りなしに左右されることなく、「これがやりたい」ということを自分は本当は知っているのです。

 

そう思うのならば、やっぱりそのやり方、そのやりたいことをまた立ち上がってするべきです。

立ち止まっても良くて、休んでも良くて、悩んでもいいのです。

諦めずにやり続けることがあなたに幸せを運んできますよ。

 

まとめ

上手くいかないこと続きでやっぱり心が折れそうな時に自分を前向きにする方法についてお伝えしましたがいかがでしたか?

心が折れそうな時、自分の不安を直視しないで押し込めてとにかくやればいいのだとがむしゃらにやると、現実を見ていないので改善点を見いだせないまま行動してしまいます。

 

自分の不安に向き合い、自分を満たした後でやる気が出てきた状態でまた行動を起こそうとする時は自然と「ここをこうしたらいいのではないか」というひらめきがあったり、情報がもたらされたりします。

自分を満たすことで自分に余裕ができるために、新しいことつまり改善点を考えるということが頭に浮かぶようになるのです。

 

また、自分が満たされていると改善した点を行動する気力も湧いてきます。

ですから、自分のネガティブな気持ちは抑えつけるのではなくしっかり寄り添いましょう。

前進しているからこそ壁に当たるということを思い出し、自分のやりたいことを継続して、幸せを掴んでくださいね。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.