転職したてで気をつけることは?ダメな行動や不評を買う行動とは

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

転職が決まって初出勤を控えて緊張している方おられますか?

仕事内容もさることながら、転職先に馴染めるのだろうか、どんな人達がいるのだろうか、上手くやっていけるのだろうかと不安になりますよね。

 

新卒採用とは異なる中途採用では、気をつけることも変わってきます。

今回は転職先で不評を買わないために、転職したてでダメな行動についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

転職したてでは「挨拶」「清潔感」に気をつける

転職したてだけの話ではありませんが、とにかく挨拶は自分から快くしましょう。

相手から挨拶が返ってこなかったら凹みますよね。転職先から受け入れられてないのではないかと不安にもなってしまいます。

 

しかし、だからといって挨拶を疎かにしてはダメです。

挨拶はコミュニケーションの第一歩であり、コミュニケーションをしっかり取っておけば人間関係トラブルには巻き込まれなくなります。

 

そして「清潔感」にも気を付けましょう。

服装は転職先によって様々でしょうが、最初は転職先の方がどのような服装をしているのかを観察して同じようなテイスト、カジュアル具合、フォーマル具合の服装やメイクにしましょうね。

「挨拶」や「清潔感」に気をつけることは、転職先で「私は馴染みたいと思っています」ということを示す一つの方法ですから有効に活用しましょう。

 

転職したてでは「みんなが先輩である」と心得る

新卒採用なら同期や先輩後輩の間柄がわかりやすいですよね。

しかし中途採用で転職すると、同時に入社したが年齢や経験年数は違っていたり、転職先に自分より年下だが上司である人がいたりしますね。

 

このような時、あまりにも相手が自分より年下だと、敬語を使うことを忘れてしまいがちになりますがそれはダメな行動です。

転職先にいる人はその職場では自分よりもすべて先輩です。

ですから先輩と話をするつもりで最初は敬語で接するよう気を付けましょう。

 

自分から「転職先の方々に教えて欲しいし、先輩と認識しています」と行動で示すことが出来ます。

 

転職先では前職での常識をひけらかすのはダメです

転職して最もタブーと言われているのが「前職場との比較」ですね。

前職場が良くても悪くても、転職先と比較することは思わずしてしまうのも禁止と言っても良いくらい気をつけるべきことなのです。

 

転職先で「前の職場ではこうしていました」というだけで、転職先の方々は口にこそ出しませんが「じゃあ前の職場に戻ったら良い」と思っています。

自分への評価が無駄に下がってしまいます。

 

また、転職先で「前の職場ではこうでしたが、ここは進んでいますね」と褒めたつもりでも転職先の方々は「別の場所に行ったらうちのことをけなすのだろう」と思っています。

やはり、自分への評価が無駄に下がります。

 

自分からは本当に気をつけて前職場と転職先を比較しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

転職先では「実績を出す」より「知ろうとする」ことが大事

転職先で早く認めてほしいために「実績を出したい」と焦ってしまいますが、これもダメな行動です。

なぜなら、実績を出しても人間的に信用されなければ転職先に受け入れてもらえないからです。

転職したてでは転職先と仲良くなるために、転職先、配属先を「知ろうとする」行動を取りましょう

 

まずは転職先の方のお名前を早く覚えましょう。

そして、お客様のお名前や特徴も早く覚えましょう。

 

社内の「なんとなく」あるルールを知り、最初はその通りに行動している方が無難です。

転職先の信頼を得てから自分の思うように行動を変えることは可能だからです。

「転職先を知る」ことに心を配り、実績を出すことばかりを焦らないよう気をつけましょう。

 

転職先ではアウェー感を「楽しむ」

転職先に馴染めるだろうか…と不安に思う理由は、やはり「浮いている自分は寂しい」からですよね。

だから早く馴染んで不安を取り除きたいと思って焦ってしまいます。

焦ると行動が空回りしてあまりよくない結果を引き寄せてしまいます。

 

このような時は「今自分はアウェーだなー!」と明るくつぶやいてみてください。

少し気持ちが明るくなりませんか?

 

転職したてのアウェー感は今だけで、そのうち慣れることが出来ます。

しかし、今「寂しい」と不安に感じる自分の気持ちに是非寄り添ってあげてほしいのです。

 

それが「今自分はアウェーだ」と認めてしまうこと。

転職先で不安になったら、軽くつぶやいてみてくださいね。

その時、周りに人がいないかどうかは気をつけて。

 

まとめ

転職したてにやってしまうとダメな行動について気をつけるポイントをお伝えしましたがいかがでしたか?

 

転職したてでは、転職先の方の注目は自分に集まっている状態です。

そのように感じなくてもそうなのです。

 

だからといって過剰に緊張しなくてもよいのですが、転職先の方が自分を知ってくれているということは、こちらからコミュニケーションを取ろうとする時にやりやすい状況なのです。

ですから、積極的に挨拶などするよう気をつけて、コミュニケーションを取っていきましょう。

 

また、転職したてだからこそ質問ができるので、恥ずかしい・今更こんなこと聞いたらバカにされそうという思いはちょっと横において、わからないことは聞きましょう。

バカにされないために転職したわけではなくて、仕事をするために転職したのですから、転職したての時期を上手く活用してくださいね。

 

転職先に馴染めるのは半年かかると言われています。
(出典 http://toyokeizai.net/articles/-/81311

 

その間、気を張るのではなくてリラックスしながらも、転職先を大事にしながら仕事してみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!