写ルンですの現像とデータ化を安い料金でできる場所はどこ?期限や時間はある?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket


デジタル全盛のこの時代に、昔流行ったインスタントカメラ「写ルンです」の人気が再燃しているそうですね。

https://www.pinterest.com/pin/520165825692381824/

なぜ今「写ルンです」なの?という考察は別の記事にするとして、ここでは今まさに「写ルンです」で写真を撮影して楽しんでいる人が直面する問題のひとつ『どこで現像すればいいか?』また、現像するのに『期限や時間はあるのか?』について調べてみました。

また、せっかく撮った写真をインスタなどのSNSにアップしたいなあ、と考えている人もいるはず。そこで撮影した写真をデジタルデータにする方法も探してみましたよ。

スポンサーリンク

「写ルンです」とは

https://www.pinterest.com/pin/59672763791435221/
写真は30周年アニバーサリーキット

富士フイルムが販売するレンズ付きフィルムのことです。最盛期にはディズニーデザインの物なども含めると10種類以上が市場に出回っていました。近年ではデジタルカメラやカメラ付き携帯電話、スマートフォンの台頭でラインナップは縮小されています。

2018年4月現在ではスタンダードタイプ1種類、高機能タイプ2種類があり、スタンダードのみ27枚撮と39枚撮があります。

写ルンです 1600 Hi・Speed
水に強い写ルンです New Waterproof
写ルンです シンプルエース

↑それぞれ富士フイルムのサイトにジャンプします。

「写ルンです」で撮った写真を現像するお店と値段

「写ルンです」を現像するには以下の方法があります。

実店舗に持ち込む

お店の名前に「カメラ」が付くような大手チェーン店はほぼ全て現像が可能です。また家電量販店でも現像を受け付けしている所があります。

カメラのキタムラ

現像料金は648円(税込)で最短で30分程度で出来上がります。
プリントには別料金が掛かり、Lサイズやましかくサイズで1枚39円(税込)から。

カメラのキタムラ店舗検索

ビックカメラ

現像料金は648円(税込)で最短で1時間程度で出来上がります。
プリントには別料金が掛かり、Lサイズやましかくサイズで1枚39円(税込)から。

ビックカメラ店舗検索

街の写真屋さん

個人で経営されている街の写真屋さんでも受け付けてくれると思います。一度問い合わせてみるのが確実ですね。現像してくれるお店の値段をいくつか調べてみました。
現像料金 650円(税込)前後
プリント代 Lサイズやましかくサイズで1枚40円(税込)前後
大体この辺りの金額に落ち着くようです。そのお店で現像するか、工場に送って現像するかはお店によって違うので、受け取り時間に差が出てきますね。

コンビニ

大手のコンビニではフィルム現像の受付を行っていません。

唯一(かどうかは調査不足なのですが)セイコーマートが、まだ受け付けていました。
現像料金 648円(税込)
現像+プリント料金 1280円(税込)
現像のみ、現像+プリント、どちらも仕上がりまで1週間掛かるようです。尚、CDデータ化は無いようです。

セイコーマート DPEサービスについて
セイコーマート 店舗検索

郵送する

「写ルンです」を郵送して現像してもらう方法もあります。郵送での現像を受け付けてくれるお店はいくつかありますが、ここでは年中無休の「みなみや」さんをチョイスしてみました。

現像+写真プリントLサイズ各1枚 27枚撮りまで 640円(税+送料込)

但し、こちらから写ルンですを送る時には送料が掛かります。写ルンです1つの重さが93g(39枚撮り)なので定形外郵便(規格外)で220円程度と思われます。

「写ルンです」のサイズ
 寸法 W108.0×H54.0×D34.0 mm
 重量 27枚撮り:90グラム 39枚撮り:93グラム

スポンサーリンク

データ化に掛かる料金

各店舗とも写ルンですの写真をデータにするには別料金が掛かります。

カメラのキタムラ

スマホデータ転送があります。同時にデータCDも無料で作成してくれます。
フィルム1本につき864円(税込)です。データCD作成のみだと540円(税込)です。この料金に現像料金648円(税込)が加算されます。
現像+CDデータ化+スマホ転送 1512円(税込)
現像+CDデータ化 1188円(税込)

ビックカメラ

スマホにデータを転送するサービスは無く、データCD作成のみのようです。
フィルム1本につき540円(税込)です。現像料金648円(税込)が加算されます。
現像+CDデータ化 1188円(税込)

街の写真屋さん

写真やさんによってまちまちです。例えばとある写真屋さんでは500円でした。まずは問い合わせてみるのが確実かと。

みなみや

現像+CDデータ化 27枚撮りまで 400円(税+送料込)
現像+CDデータ化 40枚撮りまで 450円(税+送料込)
但し、こちらから写ルンですを送る時には送料が掛かります

みなみやさんではデータ転送もしてくれます。こちらはLINE経由のデータ転送です。
現像+スマホ転送 27枚撮りまで 980円(税+送料込)
現像済みのネガが返却されません!ネガが欲しい場合は別料金になるようです。(返却方法により300円or700円加算)

結局どの方法が一番いいの?

選択肢が多すぎてよく分からなくなりますよね(汗)
なのでケース別でおすすめを挙げてみます。

とにかく早く写真とデータが欲しい!

この場合はカメラのキタムラかビックカメラなどに写ルンですを持ち込みになると思います。
お店が空いていれば最短30分から1時間程度で、フィルムと写真、データCDが手に入ります。
カメラのキタムラだと料金は現像648円+Lサイズプリント39円×27枚+スマホ転送(CDデータ込)864円で2565円(税込)ですが、セット割引で2200円台にまで安くなるようです。
キタムラならスマホ転送も同時に行ってくれるので、お店からすぐにインスタなどのSNSに投稿できますね

カメラのキタムラ店舗検索
ビックカメラ店舗検索

写真をプリントしないから少しでも安くデータが欲しい!

急がないのであれば、写ルンですを発送するひと手間が増えますが、一番安いのはみなみやさんになりますね。
送る送料+400円(27枚撮り)650円程度でデータCDが届きます。

現像+CDデータ化 27枚撮りまで
現像+CDデータ化 40枚撮りまで

近くにカメラ屋さんが無い!遠い!

カメラ屋さんが近くになくても郵便局やポストが身近にあるなら、少し時間が掛かりますがみなみやさんをおすすめします。
時間が掛かるとはいえ、写ルンですが届いてしまえば翌日には発送していただけるので、想像以上に早く届いた!との口コミもありますね。

写真をプリントしなければ、送る送料+400円(27枚撮り)650円程度でデータCDが届きます。
現像+CDデータ化 27枚撮りまで
写真をプリントしても送る送料+1000円(27枚撮り 税+送料込)1250円程度でフィルムと写真とデータCDが手に入ります。
現像+プリントLサイズ各1枚+CDデータ化 27枚撮りまで

有効期限が切れてしまった「写ルンです」で撮影できるの?

結論から言うと『(自己責任になるけど)撮影できる』ということです。ただし、未開封と開封済みでも結果は変わってくると思われます。

未開封の場合

こちらのサイト「ロケットニュース24」では12年前に有効期限が切れた未開封の「写ルンです」での写真撮影を検証されています。

【検証】12年前に有効期限切れした「写ルンです」で写真を撮ったらこうなった(ロケットニュース24)

シンプルエース27枚撮りで撮影を行い、「何も映っていなくても文句は言わない」という条件で近所のカメラ屋さんで現像してもらい、見事に映っていた模様。

開封済みの場合

開封済みの「写ルンです」だと褪色や変色の可能性が大きいです。例えば開封して数枚撮影したけど、ある程度の期間を空けてまた写真を撮りたくなった場合などですね。

フィルムは「生物」と言われます。開封した瞬間から劣化が始まってしまうのですね。なので一度開封したらなるべく早く使い切って現像に出すのがベストです。

しかし仮に褪色や変色してしまっても、それはそれで味があったりしますよね。保管する場所が悪ければ(高温多湿や常に明るい場所)真っ黒な写真が現像されてくるかも知れませんが、そうしたリスクを覚悟の上で大昔の開封済み「写ルンです」で写真を撮るのはアリでしょうね。

有効期限切れでもいいから「写ルンです」が欲しい

ヤフオクやメルカリなどでたまに売りに出されるようです。もちろん自己責任での購入になります。

メルカリ -写ルンです-

まとめ

写ルンですを現像するお店や料金について、また現像するに当たり期限や時間があるのかについて調べてみましたがいかがだったでしょうか。

急ぐ場合「カメラのキタムラ」「ビックカメラ」などの大手カメラチェーン店。
すぐにスマホ転送したい場合「カメラのキタムラ」で、とにかく安くなら「みなみや」という調査結果でした。

現像の期限については、本来の性能で写真が撮りたいならなるべく早く、劣化も味として楽しむ(現像写真が真っ黒になるリスクを承知する)なら特に期限は無し、となりました。
写真屋さん次第では、古い開封済みの写ルンですの現像を敬遠されるところもあるかもしれません。それも含めてのフィルムカメラの醍醐味と考えると面白いかも。

写ルンですはデジタルカメラと違って、すぐに撮った写真を見ることができませんが、現像して出来上がってきた写真を見る時のドキドキやワクワクを楽しめますよね。
このある意味贅沢なアナログ感を楽しめるのは、フィルム式のカメラならではですね。

私も写ルンですが欲しくなってきたので、いつか駄作をアップするかもしれません(笑)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!