継続は力なりで願いが叶う?望みを引き寄せる具体的な方法とは

2018/05/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

引き寄せの法則では願いを願う「時間の長さ」よりも「頻度」のほうが大事です。

つまり、1時間願い続けるよりも、10秒を何回も願ったほうが叶いやすいのです。

ここで問われてくるのが「継続する力」なのですが、願っているのになかなか叶わない時はやはり心が折れそうになるものです。

一心不乱に願わなければ敵わないと思っていませんか?

実は引き寄せの法則はもっと優しく、気軽に出来るものです。

そこで今回は「継続は力なり」を身に着けて、願いを叶える方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

引き寄せは「継続は力なり」が大事です

引き寄せの法則を活用して願いを叶えようとする時、大事なことは「継続すること」です。

1回なんとなく思っただけで叶う願い事も沢山ありますが、逆に願っているのになかなか叶わない願い事もあります。

「継続」と言われると大変そうだなと思うかもしれませんが、「諦め切れない願い」を持った場合は継続できる気がしませんか?

つまり、願いを叶えようとする時に「本当に叶えたい願い」を明らかにすることが大変に重要なのです。

諦め切れないくらい叶えたい願いなら、願うことは自然と継続できるものです。

自分の願いを今一度振り返るいい機会ですね。

 

その「波動」を何度も出すと願いは叶いやすい

引き寄せの法則を活用して願いを叶える方法は、「その願いが叶った時の感情や気持ちを先取りして感じること」ですね。

これは、叶った時の感情を先取りして感じることで、その感情に釣り合ったもの、つまり願いが叶うことが引き寄せられてくるという引き寄せの法則を使っているのですね。

 

ここで重要になるのが頻度です。

頻度が多いほうが、つまり何回も願ったほうが願いは叶いやすいのですね。そして、その願いを願うことは大真面目にやるものではなく気軽にするものなのですよ。

だから継続できるし、何回も願うことができますし、叶った時の感情を何回も味わっているとだんだんポジティブになってきますよね。

そうすると、そのポジティブな感情に呼応したものが引き寄せられて来るのです。

 

引き寄せの「継続」が苦しいなら願いが違うのかもしれません

ここで気を付けたい引き寄せについてお伝えします。

「願いを願うことを継続すること」が苦しい願いは、本当に願っている願いではない可能性があります。

例えば、「お金がほしい」という願いは多くの人が持ちますが、お金だけが欲しい人はあまりいません。

 

お金があったらしたいことがあるから、お金がほしいのです。

 

この場合は「お金がほしい」と願うのではなくて、お金があったらしたいことを「◯◯がしたい」と願うのです。

そうすると、願うことを継続することが苦しくなくなるはずです。

なかなか願いが叶わなくて苦しい時は、願いを今一度見直してみると良いですね。

 

スポンサーリンク

上手く行かなくても笑いながら継続することがコツ

大きな業績を上げた人や、長年活動し続けている人はずっと歯を食いしばって継続しているのではありません。

上手く行く時も、上手く行かない時も、自分の願いを「軽い感じで」「でも諦めずに」願い続けて行動している人たちです。

ですから、ノーベル賞受賞者などは大変そうだと思っても意外に飄々としていますよね。

彼らにとっては上手く行かないことは悪ではなくて、「ただの上手く行かないこと」でしかないので、時に笑い話にしながら乗り越えていけるのです。

 

初めから苦しい道を歩こうとしなくてもよいのです

引き寄せは「継続です」と読んで「面倒くさそうだ」と思ってしまった方は、「継続することは苦しいことだ」と思い込んでいる可能性が大です。

「苦しい継続」は苦しい現実を引き寄せます。

ですから、まずは「継続すること」と「苦しい」を自分の中で切り離してみてください。

 

「継続すること」自体は苦しくも嫌なことでもないはずなのです。

 

楽しかったり、自分のためになりそうだと心から思えたら、継続しようと思わなくても気がついたら継続していますよね。

そのような願いを設定することも引き寄せの法則で願いを叶えるコツなのです。

 

まとめ

引き寄せの法則では「継続は力なり」で願いを叶えることについてお伝えしましたがいかがでしたか?

 

願いを願うコツは「頻度」とお伝えしましたが、では願いを1回願う時何分くらい願えば良いのか迷ってしまいますよね。

簡単な願いなら「ふと思って、叶った感情を感じられれば」それでOKです。もう少ししっかり願いたい願いなら17秒、もしできそうなら68秒がオススメです。

それは、引き寄せの法則を伝えたエイブラハムが『17秒願いを願い続ければ引き寄せの法則が発動し、68秒続けると見る人が見ればわかるくらいの現象が起こり始める』と言っているからなのです。

 

実際17秒願ってみると良いのですが、以外に短いのです。コツは「叶った時の感情を先取りして感じること」ですから、「叶ったらどういう気持になるかな?」と考えてみるのもいいですね。

心が温かくなってきたり、ニヤニヤしてしまったりしますよね。この気持ちを感じながら願いを願うと叶いやすいですよ。

継続するつもりはないけど継続しちゃってて、幸せにつながる願いを叶えちゃいましょうね。

 

次は、自分を嫌っているとそんな現実を引き寄せちゃうよ、というお話です。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!