東京グール実写映画の動画を無料視聴する方法?パンドラやYouTubeで見れる?

2019/05/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

実写映画「東京グール2」2019年7月19日(金)に全国劇場公開が決定しました。

 

前作の実写映画「東京グール」は公開日が2017年7月29日でしたから、ほぼ2年ぶりとなる新作です。

前作はPG-12で小学生以下のお子さんは保護者同伴が推奨されていましたが、今作も同様にPG-12となる可能性は高そうですね。

 

前作の実写映画「東京グール」を見ていない方や見逃した方、清水富美加さんのトーカはどんな演技だったかもう一度見たい方などに向けて、無料で見られるおすすめの方法を調べました。

 

今すぐ無料で「東京グール」を見る

実写映画「東京グール」を安全に無料でしかも高画質で視聴できるおすすめの方法

実写映画「東京グール」を見るなら、どこが一番いいのでしょうか。

 

実写映画「東京グール」を配信している動画配信サービス一覧

※配信状況は2019年2月現在のものです。最新の配信状況は各社動画配信サービスにてご確認ください。

U-NEXT dTV FODプレミアム ビデオマーケット プライムビデオ
実写映画「東京グール」配信 レンタル
「東京グール」アニメ配信 レンタル
無料期間 14日 31日 1ヶ月 初月 30日
月額利用料(税抜) 993円 500円 888円 500円 or 980円 400円(税込)
備考 2019年3月31日 23:59まで配信 2021年12月19日 23時59分まで配信 年間プラン3900円

 

auビデオパス TSUTAYA TV
実写映画「東京グール」配信
「東京グール」アニメ配信 レンタル
無料期間 30日 30日
月額利用料(税抜) 562円 933円
備考

 

※ダウンロード視聴の可否は作品毎で変わってきますので、各種動画配信サービスにてご確認ください。

では、各種動画配信サービスはどのような人におすすめか見ていきます。

 

U-NEXTはこんな人にピッタリ

U-NEXTの特徴は以下の通り。

・1契約で4アカウントまで利用可能
・動画15000作品以上が見放題
・動画は「アニメ」「映画」「ドラマ」「バラエティ」など満遍なく網羅
・R-18作品も配信
・雑誌70冊以上が読み放題
・毎月1200ポイントがもらえる
・劇場公開と同時にポイントで視聴可能になる作品がある
・ポイントで書籍やコミックが読める
・視聴履歴を隠せる
・テレビで視聴可能
・無料お試し期間中でも有料会員と同じサービスが利用可能
・無料期間中に600円分のポイントが付与される

 

U-NEXTは「ないエンタメがない。」というキャッチコピーの通り、月額1990円(税抜)分以上のお得なサービスが受けられます。

「がっつりエンターテイメントを楽しみたい」「雑誌やコミックも読みたい」「家族と楽しみたい」「家族に視聴履歴は隠したい」といった方におすすめのサービスです。

 

「東京グール」をU-NEXTで無料視聴する

 

 

dTVはこんな人にピッタリ

dTVの特徴は以下の通り。

12万以上の作品が見放題
・ドコモユーザーでなくても登録できる
・レンタル作品がやや多め(200~300円)
倍速機能がある(dTVのみの機能)
dTVオリジナル作品がある
・スマホにダウンロードして視聴が可能
・テレビで視聴可能
・アカウントは家族間で共有できない

 

dTVもU-NEXTと同じくアプリでダウンロードして視聴できますね。

もし無料期間中に解約するつもりでうっかり忘れてしまっても、月額利用料が500円と安いのでお財布に優しいです。

アカウントが共有できないので、「なるべく安く」「自分しか見ない」という方にもおすすめの動画配信サービスですね。

 

「東京グール」をdTVで無料視聴する

 

 

FODプレミアムはこんな人にピッタリ

FODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスで、特にフジテレビのドラマが充実しています。

FODプレミアムの特徴は以下の通り。

・配信作品は2万以上(ポイントが必要な作品も有り)
・人気雑誌の最新号100誌以上が読み放題
・「月額コース会員のボーナスポイント」「8が付く日のポイントプレゼント」併せて毎月1300ポイントが付与される(要公式サイトログイン)
・ポイントは動画購入以外にも漫画や雑誌の購入にも使用可能
・ポイントの有効期限は6ヶ月間
・複数端末での同時視聴が可能(最大7台)
・テレビで視聴可能
・ダウンロード再生はできない

 

ポイントを使って漫画コミックを購入できるのは嬉しいですね。

雑誌の読み放題を実施しているのはFODとU-NEXTくらいで、種類はFODの方が多いです。

注意点として、FODプレミアムで初月1ヶ月を無料で利用するにはAmazonアカウントでログインしてAmazon Pay(クレジットカード決済)を選択することが条件になっています。

「雑誌やコミックも読みたい」「主にWi-Fi環境で視聴する」「家族と楽しみたい」といった方におすすめのサービスです。

 

「東京グール」をFODプレミアムで無料視聴する

 

 

ビデオマーケットはこんな人にピッタリ

ビデオマーケットでは無料トライアル期間中に貰える540円分のポイントで映画「東京グール」をレンタルできます。

ビデオマーケットの特徴は以下の通り。

・配信作品は20万本以上(見放題作品は2万5千本以上)
・「プレミアムコース」(税抜500円)と「プレミアム+見放題コース」(税抜980円)有り
・どちらのコースも540円分のポイントが付与される
・ポイントの期限は180日間(繰越有り)
・PCブラウザ再生なら倍速再生可能
・複数端末での同時視聴が可能
・テレビで視聴可能
・ダウンロード再生はできない

 

ビデオマーケットは国内最大級の動画配信数を誇ります。特に映画やドラマに強い印象。

「東京グール」を見るだけなら見放題でなくても540円分のポイントがもらえる「プレミアムコース」で十分ですね。

アプリにダウンロードして見ることができないので、スマホ等で視聴するならWi-Fi環境は必須かと。

無料トライアル期間は1ヶ月ですが登録日から月末までが無料となるので、登録は月初がお得なのは言うまでもありません。

「家族と楽しみたい」「月々の支払いをできるだけ安く」「視聴するのは主に家の中」といった方におすすめのサービスですね。

 

「東京グール」をビデオマーケットで無料視聴する

 

プライムビデオはこんな人にピッタリ

AmazonプライムビデオはAmazon Primeというサービスの中の一つ。

年額3900円(税込)は月換算325円(税込)と挙げたサービスの中では最安。学生さんならプライムstudent(スチューデント)というプランが有り、月額200円または年額1900円で通常のプライム会員特典が利用できます。めっちゃお得。

以下にAmazonプライムの特徴を挙げておきます。

・お急ぎ便
・商品合計2000円以下でも配送料無料
・プライムビデオ:アニメや映画など動画が見放題(一部作品を除く)
・プライムミュージック:100万曲以上の楽曲やプレイリストが聴き放題
・プライムフォト:写真を容量無制限に(RAWデータも!)保存可能
・プライムリーディング:数百種類の本・マンガ・雑誌が読み放題
・30日間の無料お試し期間有り

 

とまあ良いところばかりなのですが、配信動画の作品数については他の配信サービスより若干少ないように思います。最近ではオリジナル作品に力を入れていて「カリギュラ」「ブリーズ」「戦闘車2」などが面白くておすすめですね。

プライムミュージックについては、これはオマケ程度に考えた方が無難かなと。有名な曲も入っているので期待せずに聞いてみると案外楽しめます。追加で月780円を払えば6500曲以上が聴き放題になりますね。

プライムリーディングもオマケ程度で。でも「これが無料で読めるんだ」と思うような本があったりします。

プライムフォトは他社ストレージサービスに比べると、頭ひとつ抜けている印象ですね。JPEGの写真データはもちろんですが、デジタル一眼カメラを使っている人には、RAWデータを無制限で保存できるのは大きいと思います。

ちなみに登録後30日間以内に解約すれば、費用は一切掛かりません。

 

「東京グール」をプライムビデオで無料視聴する

 

auビデオパスはこんな人にピッタリ

auビデオパスでは無料トライアル期間中に貰える540円分のコインを使って「東京グール」をレンタルできます。

auビデオパスの特徴は以下の通り。

1万本の作品が見放題
・auユーザーでなくても登録できる
・auスマートパス加入なら更にお得
映画料金が割引になる(auマンディ・auシネマ割)
・auユーザーならクレジットカード以外の支払い方法が選択できる
・毎月ビデオコイン540円分がもらえる
・スマホにダウンロードして視聴可能(作品による)
・テレビで視聴可能
・複数のデバイスから同時視聴はできない

 

auビデオパスはauユーザーでなくても登録できますが、やはりauユーザーがよりお得に利用できるサービスですね。

月額利用料562円(税抜)に対して540円分のビデオコインが毎月付与されますので、実質ほぼタダで利用できるサービスです。うっかり無料トライアル期間を過ぎてしまってもあまり懐は痛みません。

「auユーザー」「月々の支払いをなるべく安く」「自分一人しか見ない」といった方におすすめのサービスとなっています。

 

「東京グール」をauビデオパスで視聴する

 

 

TSUTAYA TVはこんな人にピッタリ

TSUTAYA TVでは「東京グール」は見放題ですが、無料トライアル期間中に貰える1080円分のポイントを使って東京グールのアニメもレンタルできますね。

TSUTAYA TVの特徴は以下の通り。

1万本以上の作品が見放題
・毎月1080円分のポイントが貰える
・ポイントの有効期限は45日間
・レンタル作品の視聴に必要なポイントが無料期間中でも付与される
・映画、ドラマ、アニメと配信作品のバランスが取れている
・R18作品も豊富に配信
・見放題作品はダウンロード視聴できない
・テレビで視聴可能
・作品選びの助けになるユーザーレビュー
・複数のデバイスから同時視聴できない
・新作、準新作はレンタルが多い

 

月額利用料933円(税抜)に対して毎月1080円分のポイントが貰えますから実質損はありません。

TSUTAYA TVに向いているのは「映画、アニメ、ドラマとバランスよく見たい」「新作や準新作も見たい」「自分ひとりしか見ない」といった方におすすめですね。

 

「東京グール」をTSUTAYA TVで無料視聴する

 

 

映画「東京グール」を動画投稿サイトで見れる?

無料で「東京グール」を見たいならパンドラTVなどの動画投稿サイトで検索する方法もあります。

見られるかどうか実際に検索して調べてみました。

 

パンドラTVで「東京グール」が見れる?

パンドラTVで「東京喰種」で検索してみました。

やっぱり見当たりませんね。

ちなみに「東京喰種 実写」や「東京喰種 映画」だと検索結果なし。

 

Youtubeで「東京グール」が見れる?

Youtubeでも「東京喰種」で検索してみました。

一番上に出てきたのはYoutubeでレンタルされている「東京喰種」。

他の動画は再生時間を見ればわかる通り、短い動画ばかりでした。

 

動画投稿サイトでの視聴は危険?

上記のような動画投稿サイトで映画やドラマを見るには一定のリスクが存在します。

恐ろしいのはウイルスに感染すること。また騙しリンクが仕込まれている可能性もあります。

 

 

目的の動画が1回の検索で出てくることはほぼ無いですし、やっと見つけてクリックしてウイルスや騙しリンクだったら目も当てられません。

それなら動画配信サービスに登録して、無料期間中に見放題でサクッと目当ての動画を快適に見るのが精神衛生上いいですよね。

 

結局どの動画配信サービスがおすすめなの?

「東京グール」を無料で快適に見る方法を調べました。

「とりあえず見れたらいい」「うっかり無料期間中に解約し忘れた時のダメージを少なく」という観点からのおすすめは月額利用料が500円と最安でそれ以上のポイントが付くビデオマーケットと、同じく月額利用料が500円のdTVですね。

「アニメの東京喰種も見てみたい」なら雑誌読み放題もついているU-NEXTFODプレミアムがおすすめです。

動画配信サービスそれぞれに特徴がありますから、ご自身に合ったサービスを見付けてくださいね。

 

今すぐ無料で「東京グール」を見る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2019 All Rights Reserved.