夫から離婚を切り出されたらどうすればいい?復縁する方法と引き寄せ的考え方

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

平和に穏やかに夫婦生活を営んでいたと思ったら、突然夫から離婚を切り出された!

パニックに陥ってしまいますよね。

その原因が夫の浮気だと、悲しいし腹は立つし自分が蔑ろにされていますから気持ちがぐちゃぐちゃになってしまいます。

夫の浮気が原因で離婚を切り出された時の具体的な対処法はここでは割愛しますが、その対処法が有効に働くために妻のマインドが大事になります。

そこで今回は、夫の浮気が原因で離婚を切り出された時妻がさらなる幸せを引き寄せるための考え方についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

夫の浮気発覚!しかも離婚を切り出され妻のプライドはズタズタに

最近様子がおかしいかも?でも浮気なんてあるはずないよね、と思っていたら、「付き合っている相手がいるから離婚して欲しい」と切り出されてしまった!

または「離婚して欲しい」の一点張りだが理由は教えてくれない、など、妻からしたら浮気はされただけでも辛いのにその上離婚を切り出されるなんて、妻の気持ちはズタズタに引き裂かれてしまいます。

このような時、気持ちが混乱してパニックに陥ってしまうので、「どうすればいいのか」という具体的な方法や行動を探し求めてしまいますね。

しかし並行して「自分の気持ちに寄り添って整理する」ことを行っていただきたいのです。

 

自分の幸せを自分の手に取り戻す機会かもしれません

夫の浮気が原因で離婚を切り出された妻は、自分の幸せな生活が瓦解していくショックを受けてしまいます。

そのショックは当たり前のものですが、「夫がいなければ幸せになれない」という考え方は引き寄せの法則的には危険だとご存知でしたか?

人は誰でも自分で自分を幸せにする力があります。

その自分の幸せを夫という他人に委ねきってしまうことは、依存でしかありません。

依存の関係は、本来の自分のパワーを信じていない状態ですから苦しいのです。

辛すぎるきっかけではありますが、「自分には自分を幸せにする力があるのだ」ということを思い出す機会かもしれません。

 

夫を責めることや自分を責めることでは解決しません

とは言うものの、「だからさっさと離婚して新しい人生を歩みましょう」という短絡的な話ではないのです。

夫との関係が自分の幸せになることなのか、ということを考えてみる機会なのですね。

ここで、復縁したいと思った時に避けるべき引き寄せをお伝えします。

「浮気は悪いこと」という価値観から浮気した夫を責めてしまうこと、逆に「浮気をさせるほど夫に構っていなかった」と自分を責めてしまうこと、は引き寄せの法則的には解決に向かいません

「誰かを責めること」は問題解決にならないばかりか、責めている限り謝罪を心から受け入れられないし、素直に「もう一度やり直したい」とも言えませんし、何をされても腹が立つという状態を続けてしまいます。

浮気はなぜ悪いと思われているのか、貞操の価値観もありますが、「パートナーが傷つくから」ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

自分の望む幸せは何なのかを考えてみましょう

夫の浮気が原因で離婚を切り出された時、具体的な対処と並行して行ってほしいのは、「自分のネガティブ感情を出し切る」ことです。

自分のネガティブ感情を夫に聞かせる必要はありませんから、泣きたかったら思い切り泣いたり、枕を夫や浮気相手に見立てて罵倒したり、とにかくネガティブ感情をすべて出しきりましょう。

ネガティブ感情を出すことは「ネガティブ感情をも寄り添うよ」という自分への愛で、傷ついた自分を満たす効果的な方法なのですよ。

ネガティブ感情を出し切ったら、「では自分が望む幸せとはなんだろう?」と考えてみてください。

人は「ある感情を感じたくて生きている」のですが、その「ある感情」は自分の場合は何かなと思いを巡らせてみてくださいね。

楽しさ?
穏やかさ?
暖かさ?

しっくりしたものが見つかったら、それが自分の幸せで、それを遠慮なく願うことを自分に誓ってくださいね。

状況が変わってくるはずです。

 

人はみんな自分で自分を幸せにする力があります

信じていた夫に浮気され、さらに離婚を切り出されたら、不幸のどん底に落ちた気持ちになります。

どんなに酷い夫でもそう思いますし、穏やかに結婚生活を営んでいたなら余計にそう思うことでしょう。

しかし、どんな状況下でも人は自分で自分を幸せにする力があることを忘れないでください。

自分で自分を幸せにする力があること、これを信じていると引き寄せの法則で幸せが引き寄せられてきますよ。

まとめ

夫の浮気が原因で離婚を切り出された時の引き寄せてき考え方についてお伝えしましたがいかがでしたか?

 

今回大事なポイントは

・自分のネガティブ感情を出し切り、しっかり寄り添うこと
・自分で自分を幸せにする力があることを信じること

の2点です。

 

特に自分のネガティブ感情をしっかり明確にして寄り添い、表現することは、浮気された自分を思い出してしまうので苦しいときもあります。

また、ショックが大きすぎてすぐにはできないこともありますし、出し切るのに少し時間が必要な時もあります。

でも、離婚するにしてもしないにしても、ネガティブ感情は出し切って昇華させておくと、自分の足を引っ張ることがありません。

辛い体験ですが、引き寄せの法則を上手く活用して自分に寄り添い、更なる幸せを引き寄せましょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.