フジロック2018の禁止事項と注意点は?行った人の経験談も!

2018/05/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

夏は野外フェスの季節!ということで楽しみにしている人も多いですよね!

自然の中で開放的で自由な雰囲気と好きなバンドの生演奏を楽しむ、という「そりゃ楽しいだろう!」な一大イベントです。

しかし、大勢の人が集まるので守らないと心地よく過ごせないルールもありますよね。

ゴミ問題なども深刻化しているようです。

そこで今回は、フジロック2018の公式禁止事項をご紹介し、また過去のフジロックに行った人の経験談からの注意点を合わせてお伝えします。

フジロックフェスティバル2018

開催日 7月27日(金) 28日(土) 29日(日)
開場/開演 開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演予定 23:00
開催地 新潟県湯沢町苗場スキー場

引用元:http://www.fujirockfestival.com/

フジロック2018を楽しむために参考にしてくださいね!

引用元:http://www.fujirockfestival.com/

第6弾の出演アーティストが発表されましたね!

スポンサーリンク

フジロック2018の公式サイトからの禁止事項

フジロックフェスティバル2018公式サイトはこちら

さて、フジロック2018公式サイトに注意事項が書いてあります。

本フェスティバルに関する注意事項

結構細かいですね。大勢の人が来るからこうなるのでしょうか?

大事そうなところだけを抜粋してみますね。(一部改変)

何があってもチケットの払い戻しは一切行わない

出演者のキャンセルがあっても、フジロック2018中に事務局の判断でルールが変わっても、雨が降っても。

とにかく何があってもチケットの払い戻しは行わないという強い意志が感じられます。

雨天時含め自然に対する備えを万全に!

天災時除く雨天決行ですから、雨風による低体温症、転倒によるけが、ハチやブヨ、ダニ、有害植物、野生動物には自己責任で注意して準備してきてくださいとのこと。

 

自然なめんな!という気概が感じられました。

使用禁止の物や持ち込み禁止の物、場合によって使用禁止が結構ある

ほかの来場者の視界を遮ったり、危険物であったり、出演アーティストの撮影禁止のためであるという理由で以下のものが使用禁止、持ち込み禁止などになっています。

  • タープ持ち込み禁止
  • パラソル持ち込み禁止
  • ペット等の動物、ビン・カン類、花火等の火薬類、危険物、その他法律で禁止されている物持ち込み禁止
  • 録音機器持ち込み禁止
  • 傘使用禁止
  • カメラ・ビデオカメラは持ち込み可能だが出演アーティストの撮影禁止
  • セルフィ―スティックはステージ前方・および混雑時・移動しながらの使用禁止

禁止行為

節度をもって参加してほしいという禁止事項が以下の通りですね。

終演時間まで会場にいると終電に間に合わないことから、宿泊先の確保や野宿の禁止を呼び掛けています。

  • 過度の場所取り
  • 過度の飲酒による泥酔
  • 出演アーティストの撮影禁止
  • セルフィ―スティックはステージ前方・および混雑時・移動しながらの使用禁止
  • モッシュ、ダイブ、その他、他の来場者へ危害が加わるおそれのある行為禁止

禁止なのかは定かではありませんが(会場外のことなので強く書けないのかも)

  • 会場・越後湯沢駅周辺での野宿は絶対におやめ下さい。
  • 駐車券をお持ちでない方の車でのご来場は絶対におやめ下さい。

ということで、周辺住民への迷惑にならないように行動しましょう。

 

スポンサーリンク

 

行ったことのある人の経験談から学ぶ注意点

とはいうものの、実際はどうなのだろう?というところが気になりませんか?

本当に退場になったら嫌ですよね。

また、実際行ったからこそわかる注意点も参考になります。

係員さんもあたふたしてるのでしょうねぇ…行きたい場所への事前確認はしておきましょう。

係員の誘導ミス多いみたいですね…事前確認と、係員へのしつこい確認が必要ですね。

運営にがっかりする声も多いようです。

違うことに対するツイートですが、フジロックのリストバンド引き換えは時間が掛かるのですね!

早め行動がおすすめですね。

車ではなく電車で来場する人も多い!ということですね。そして場外の誘導はないのかも?やはり事前確認(以下略

心を強くしていかないといけないかもしれません(笑)

ちょっと古いツイートですが、ゴミが分別されないということはちょっと気を付けたほうがいい地域ですから、夜は気を付けましょう。

山を歩き、雨が降っても開催し、寒い!夏だけど寒い!ということを念頭に置いて服装を考えましょう。

そうですね、日が落ちたらぐっと寒くなりますよね。キャンプする方は準備を万全に!

夏ですが!これくらいは準備していきましょう。フジロックは寒い。寒いんですね。

でも夏だから山だから虫が出る。

怖い!(笑)虫刺され対策、日焼け止め対策も万全にしてくださいね。

まとめ

フジロック2018の禁止事項や注意点、経験談についてお伝えしましたがいかがでしたか?

経験談からまとめますと

  • 車で来場する場合は、自分がどこに行きたいのかをしっかりチェックして臨むべし
  • 人が多いのでなんにせよ時間に余裕を持って行動すべし
  • 朝は寒く夜は冷える、雨も降ることを考えて大げさなくらいの装備で来るべし
  • 山の天気は変わりやすいのでチェックを怠らないで
  • 虫が出るので虫刺され対策必須、ダニには注意!日焼け止め対策も必須
  • 心を強く!

ということが注意事項として挙げられます。

しかし山だからこそ面白い点もあるので、マナーを守ってはじけてきてくださいね!

 

フジロック初心者はホテルに泊まった方がいいのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!