ビートたけしと加藤茶の当時の最高月収と昔の年収はいくら?現在の収入も

2018/04/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket


「たけしが行く!わがままオヤジ旅with洋七3」で共演したビートたけしさんと加藤茶さん。

実に20年ぶりとなる共演もさることながら、ビートたけしさんが加藤さん、加藤茶さんがたけしくんと互いに呼び合っているのが不思議な感じでしたね。ビートたけしさんにとって加藤茶さんは大先輩だからですね。

この「たけしが行く!わがままオヤジ旅with洋七3」の中で二人が「ドリフターズ」「オレたちひょうきん族」時代のことを語っていました。

 

 

 

 

面白かったので文字起こしして、まとめてみましたよ。

スポンサーリンク

加藤茶さんの臨死体験 2006年大動脈解離

2006年、加藤茶さんは大動脈解離で10時間の大手術を受け、2週間生死の境をさまよいます。

 

そこに!

https://www.pinterest.com/pin/564568503266770450/

2004年に亡くなったいかりや長介さんが現れて「おまえ、こっちこいよ」と言われたそうです!

 

「いけね、これについていったら死んじゃう」

 

と加藤茶さんは思いとどまり、生還したそうです。

 

しかし、2014年の重病説の時もダウンタウンDXで「三途の川の向こう岸で手を振っている人がいると思ったら長(いかりや長介)さんだった。だから慌てて生き返った」と話していることから、持ちネタのひとつにしているのかもしれません。

 

お互いの初期のころからお互いを意識してみていた二人

ビートたけしさんは、ザ・ドリフターズがまだミュージシャンとしての活動を主にしていた頃からドリフターズを見ていました。まだ志村けんさんがいなくて、荒井注さんがいた時代。ビートたけしさんは高校生だったそうです。

https://www.pinterest.com/pin/566186984388922119/

 

一方ツービートとして大人気だったビートたけしさんを加藤茶さんはテレビでよく見ていたそうです。一緒に仕事はしたことなかったね、とさらっと言っていましたね。

https://www.pinterest.com/pin/497647827559891312/

 

全員集合の超過密スケジュール

全員集合は全国から生放送もしていました。ビートたけしさんが「あれは前乗りするの?」って加藤茶さんに聞きます。

 

:えーっとね、その日。
前の日にリハーサル、立ちげいこをやって
すったもんだやって、
次の日の朝、早く行って(本番を20時からする)

たけし:その日(本番をした日)に帰るの?

:そのあと夜行に乗せられて営業に行くの

一同:えー!

:営業に行って、電車の中で寝て、それも二等よ
今はないけども、向かい合って段々になってる、
あれに乗せられて行ってたのよ

 

あんなに人気があるのに、過酷なスケジュールや条件で営業に回っていたということに一同は驚いていましたね。

いやぁブラックぶりがすごいです。30数年前の売れっ子だからこそだったかもしれませんね。

 

ドリフターズの給料事情  ー 過去と現在の月収と年収 ー

ドリフターズの給料はいかりや長介さんが管理していて、ほかのメンバーがそれに不満を持っていたというのはどこまでがネタでどこからか本当なのかは定かではありませんが、有名なところです。

その給料事情について

 

:あのね、俺は(いかりや長介さんから)相談されるのよ
年に1回契約のあれ(話し合い)があって
「お前、いくら欲しい?」って

いくらいくら、っていうといいよって言うんで、すぐ
んで俺はもうそれで決まっちゃうわけ

頭(加藤茶さん)決まっちゃうからあとみんな
(年功序列で)安くなってっちゃうんじゃない?

:もうちょっと(金額を高く)言っておけばよかったなって何回もあるよ

 

当時加藤茶さんは、仕事が終わると毎日のように銀座でどんちゃん騒ぎをしていたそうです。なので給料のほとんどは遊びに消えてしまいました。

番組内では具体的な月収の数字について触れられませんでしたが、そのお金が残っていればビルが20から30棟は建っていたとのことです。

 

ちなみにバラエティ番組「ダウンタウンDX」に加藤茶さんが出演した時に、ドリフターズ時代のギャラについて話したことがありました。

ドリフターズの全盛期には、営業のギャラが1本1800万円、年間で14億円貰っていたとのこと。これにテレビやCMの収入が加わるのでとんでもない金額になりそうですね。

 

加藤茶さんの現在の収入ですが、パチンコ屋などの営業回りで年収8000万円くらいだそうですよ。

 

スポンサーリンク

ビートたけしの給料事情 ー 過去と現在の月収と年収 ー

ツービート時代のビートたけしさんの給料、ありえない上がり方をしたそうで…。

 

たけし:16万もらって文句言って
30万から500万になるのが1ヶ月挟んでくらいじゃないかな

たけし:営業行って、(営業先に)俺らの漫才って15分くらいですかって言ったら
「何言ってんのあんたツービートに250万払ってるんだよ」って言われて
えーっ!ってなって
1回で250万?って聞いたらそうだよって

「(出番が)昼夜だから500万だよあんたのところに払ってるの」
「30分以上やってよ」って言われて

帰ってきて(事務所に)辞めるって言ったら
「たけちゃんそう言わないで、ちゃんと上げとくから」
30万から300万になった、それでも全然合わないわけ

 

1回の漫才で250万取ってるのに、ビートたけしさんへの月収は300万ですからね。

 

たけし:そんで500万になって
500から1600万3000万(になった)

たけし:(島田)洋七と現金持って、3000万持って銀座行っちゃったわけ

たけし:税金来るの知らなくて、税金が来たらさ、お金がないわけ全部使っちゃって。
そして信用金庫で貸してくれたんだけど

洋七は「漫才ブームは終わりますから貸せません」ってなって
銀行のほうが言った通り「あいつら頭いいぞ」って
経済よく知ってるって
「漫才ブームは終わりますって言われたよ」

(たけしさんが)でもまだ続いてるじゃんって(言ったら)
(洋七さんが)「いや銀行のほうが絶対頭いいって」
案の定ダメになったんだ

 

月収3000万の人の税金っていくらなんだろうと、そのときそれを払うお金がないってちょっと想像もつきませんが、面白おかしい昔話になっていましたね。

風雲たけし城の頃で最高月収が1億円くらいだったそうです。だとすると年収は10数億円?しかし漫才ブームの頃で最高年収が200億円という情報もあり、税金で80%を持っていかれたと怒っていました。

事務所ベースか個人ベースかでも違ってくると思いますが、なんにせよ桁が違いすぎて想像がつきにくい世界の話ですよね。

 

ビートたけしさんの現在の年収ですが、テレビ出演のギャラの相場は1本250万円くらいだそう。年末年始の特番や映画の興行収入などもありますから、最低でも10億円は稼いでいるでしょうね。

 

志村けんさん加入の事情

1974年、新井注さんが体力の限界を感じてドリフターズを脱退します。

そこでドリフターズの付き人をしていた志村けんさんが加入するのですが、その時の裏話。

 

https://www.pinterest.com/pin/535646949399892460/

 

たけし:あんときは志村のけんちゃんは最初のころはボウヤ(付き人・弟子)なんでしょ。
志村のけんちゃんと争ったもう一人…

:すわしんじ

たけし:すわさんはブルース・リーのキーっってやったじゃん
俺らは見てて、笑いとるのは、あの当時ブルース・リーのが
取ってたような気がするんだよね。

たけし:志村けんちゃんはやっぱりどうして勝ったのかなっていうと
ネタが広いのかね

たけし:あれはだってすごい勝負でしょ

:長さんがね新井さんと同じ年のやつを入れようと思っていたのよ
うん、ベテランを。

一人候補がいたの
バンドリーダーで、フルバンドの指揮やってる人で
豊岡豊っていう人がいたのよ

:その人が長さんとすごい仲良くて、普段すげー面白い人なのよ
この人を入れるって言ってたの、決めてたの
で、「長さん待ってくれよ」と(加藤茶さんがいかりや長介さんに言った)

:やっぱり、うちと一緒に回ってて、作り方も全部知ってるし
考え方も同じやつって言ったら志村しかいない
志村入れようよって言ったの俺なの

:自分も段々きつくなってきたから
志村が入ってくれることで広がりができるじゃない
長さんに頼み込んで入れてもらったの

たけし:茶さんがあの時ほとんど笑い一手に引き取ってたよ
自分をおびやかすようなやつをよく入れたなと

:あの時ねきつかったの、やっぱり俺
しんどくてネタもあんまり出なくなってきてたし

志村、俺と年中ふざけあってたから
やっぱりこいつ面白いかもしれないっつって
入れたら案の定ああやってブレイクして

 

まとめ

「たけしが行く!わがままオヤジ旅with洋七3」でのビートたけしさんと加藤茶さんの会話を文字起こししてまとめてみました。

要所要所で加藤茶さんの意見は重みをもって受け止められていたのですね。
いかりや長介さんの独裁?だったのかなというイメージがありましたが、それを覆す裏話、興味深かったです。

折角こうして共演が実現したのですから、今後も引き続きこの貴重なツーショットがテレビで見られたら嬉しいですね。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.