引き寄せの基礎2 「ワクワク」には様々なバリエーションがありますよ

2018/05/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

「思えば叶う」引き寄せの法則を知って、是非やってみたい!と調べてみたら。

「ワクワクすることを願いましょう」と書いてあるけど、「ワクワク」ってあんまりできないし、早々「ワクワク」しないよね?とつまずいてしまった方もいるかもしれませんね。

そして、「ワクワクしないから叶わないんだ」と諦めていませんか?

実は「ワクワク」できなくても引き寄せの法則を活用できるのです!

 

スポンサーリンク

「ワクワク」の感覚がわからなくて難しく感じている方へ

引き寄せの法則の本に必ず書いてある

・ワクワクしながら願いましょう
・ワクワクすることを願いましょう
・ワクワクを自分の生活に増やしましょう

という「ワクワク」ですが、感覚をつかむのが難しいですよね。

「そんなにワクワクすることないよ!」って思う方もいますよね。

これ実は、引き寄せの法則が欧米から伝えられたことと関係があります。

欧米人は感情表現が豊かですよね。

ですから、小さいことでもワクワクできて、「ワクワク」が当たり前の生活を送っていますから、ワクワク出来るのです。

しかし日本人には「ワクワク」することは、特に大人になるとよほどのことがない限りないので、縁遠い感情になってしまうのですね。

 

自分の気持ちに注目する習慣をつけてみましょう

では日本人はどうしたら良いのか、といいますと、「ワクワク」まではしなくていいけど、「ポジティブな感情でいること」に気をつけたらいいですね。

ポジティブもすごくテンションを上げた状態でないとダメだと思うかもしれませんが、そんなことは全くありません。

「今よりも少し、気分が良くなるように」ということに気をつけていれば引き寄せはできますよ。

そのために実践してほしいことは「今の自分の気分に注目すること」です。

まずは「ポジティブかな、ネガティブかな」というところから始めればよく、それが出来るようになったら、「嬉しい」「悲しい」という感情の言葉で表現できると良いですね。

 

「ワクワクできないから叶わないんだ!」と思うとそうなります

さて、真面目な方は「ワクワクできないと叶わない」と思ってしまうのですが、ここにも引き寄せの法則が働きますからワクワクできないから叶わないという現実を引き寄せてしまいます

引き寄せの法則は「思ったことを引き寄せる」であり、例外はありません。

無理してワクワクする必要はなく、引き寄せたいものを思い浮かべたときにホッとしたり、ニヤついたり、心が暖かくなればそれで十分引き寄せられますから安心してくださいね。

 

スポンサーリンク

自分のほんとうの願いに気付くことも叶えるコツ

引き寄せの法則で願いが叶わない原因は「本当は願っていないことを願っているから」ということもあります。

ありがちなのは、とても惚れているバッグがあるとして、それが欲しいからお金が欲しい、と考えて「お金がほしい」と願ってしまうようなことですね。

この場合、本当の願いは「このバッグを手に入れたい」なのです。

ですから、買ってもいいのですがもらってもいいのです。

方法は引き寄せの法則が準備してくれますから、自分の「本当の願い」を素直に願いましょうね。

 

「ワクワクしていたら叶った」経験ありませんか?

人はネガティブなほうに注目するようにできていますから、思い出も「上手く行かなかったことばかり思い出す」という人もいますね。

でもよーく思い出してみてください。

叶う根拠はなかったのに、「ワクワクしていたら叶った」という経験ありませんか?

どんなに小さいことでもいいですから、思い出してみてください。

それは、引き寄せの法則を使えたという立派な成功体験なのです。

 

まとめ

引き寄せの法則における「ワクワク」とは?どうすればいいの?ということをお伝えしましたがいかがでしたか。

他の言い方をしてみれば

・待ち遠しく楽しみに思う
・待ちきれない
・なんとなくそうなるような明るい気持ち
・穏やかな気持ち
・明るい気持ち
・ほっとする気持ち

というのも「ワクワク」の仲間です。

「ワクワク」には様々なバリエーションがあることを知って、楽しく引き寄せの法則を活用しましょう。

 

よかったら次の記事もどうぞ。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.