人間関係の断捨離ができない方へ!無理しないで幸せを手に入れる方法とは

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

不必要な人間関係の断捨離は、引き寄せの法則的にも幸せを引き寄せるために大変な効果があります。

基本はやはり「自分の身の回りは自分の好きなものや人で満たすこと」ですからね。

しかし、人間関係の断捨離は情があったり、自分がひどい人になったかのような気がしたりしてなかなかしづらいものがあります。

今回は、人間関係の断捨離ができない方に無理なく進めていく方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

「人間関係の断捨離」にどのようなイメージを持っていますか

人間関係の断捨離ができない方は、「人間関係を断捨離する」という言葉にマイナスイメージを持っています。

自分の都合で相手を切り捨て、それが悪いことだ

というイメージを持っていて、悪いことだと思っていますからできないのですね。

「悪いこと」と思っているとなかなかできませんから、まずは「悪いこと」というレッテルは剥がしましょう。

自分に合わない人を断捨離する、つまり付き合わないことは特に悪いことでもなく自然なことなのです。

 

その人とは住む世界が違うだけです

人間関係の断捨離は、その人を切り捨てるという意味ではなく、「価値観が異なるので違う世界に住みましょう」という住み分けのイメージを持つとわかりやすいですね。

もしもあなたが「皆で助け合いたい」という世界に住みたいならば、「競争して相手を打ち負かす」世界に住みたい人とは付き合えませんよね。

住む世界に良いも悪いもなく、様々な種類があるだけで、どの世界に住むかはその個人の自由です。

ですから、その人がその世界に住むのが自由なように、あなたも自分が住みたい世界にその人に遠慮せずに住めば良いのです。

それがお互いに幸せに生きられる道です。

 

「切り捨てよう」とするといきなり難しくなります

人間関係の断捨離、というといきなり「あなたとはもうお付き合いしません!」という三行半を叩きつけなければいけない、そしてそのあと何があろうとも顔も見てはいけない、と思っていませんか?

これはなかなか実生活では難しいことで、これをしようと思うと相当な覚悟が必要ですから実行することは難しいですよね。

引き寄せの法則的には、「まず決める」ことが大事です。

自分の中で静かに「私はこの人と付き合うのをやめます、付き合うと苦しいからです」と決めて宣言してください。

どんなに自分勝手だと思っても良いのです。

自分の感覚が1番自分にとっては信頼できるものですから。

 

スポンサーリンク

自分の世界でその人の存在感が薄くなるようにすればいいのです

「この人を断捨離します」と決めたなら、次にすることはプライベートにその人が現れないようにすることです。

職場関係の人はなかなか断捨離しにくい人たちですが、まずは自分のプライベートに入れないようにしてみましょう。

全体の忘年会や新年会、歓送迎会のような飲み会以外の、その人が参加する飲み会には出ないことや、プライベートでのSNSの付き合いはそっとやめてみましょう。

自分の1日24時間の中で、その人が登場する時間を少しづつ短くしていくイメージです。

その人に費やしていた時間や資源は、自分の好きなことに使うとポジティブな気持ちになれてさらにいいですね。

いきなりその人を消し去らなくていいので、少しづつ自分に時間や資源を取り戻してくださいね。

 

付き合う人を選ぶことは最重要課題ですよ

人間関係の断捨離ができない方は優しい方だと推測します。

しかしそれは、「他人に対して」優しいのであって、「自分に対しては」大変厳しい仕打ちをしていることになっています。

ですから人間関係の断捨離ができない方は人間関係でストレスを抱えているのですよね。

自分に対して優しくなる時、他人に対しては冷たくなることもあります。

しかしそれは自分の頭の中でだけの話ですよね。

他人に告げる必要はないのに、どうして他人に遠慮しなければならないのでしょうか。

それくらい付き合う人を選ぶことは自分にとって大事なことなので、今人間関係の断捨離ができなくてこまっておられる方は、今一度「自分に優しくすることとは」を考えてみてくださいね。

 

まとめ

人間関係の断捨離ができない方に無理せずに断捨離する方法をお伝えしましたがいかがでしたか?

人間関係の断捨離ができない方が恐れてしまうことに「自分に耳障りの良いことを言う人だけを残してしまったら、自分が成長できない気がする」というものがあります。

良薬口に苦し、ですね。

しかし、悪意を持って言われる厳しいことと、本当に自分のことを思って言われる厳しいことは見分けがつくものです。

前者は付き合っていて苦しく、バカにされているような、もしくは卑屈に振る舞われているような、対等でない気がする関係です。

後者は時にキツいことも言いますが、「受け止めよう」という気に何故かなる、そして意見が異なっていても友好関係が続くのです。

人間関係の断捨離したらイエスマンだけが残るわけではありません。

自分を苦しめる人から距離を置くと、今の自分に必要な素晴らしい人に出会えますよ。

人間関係の断捨離を少しづつ実行して、良好な人間関係を築きましょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.