引き寄せパワーが動き出す!決める勇気の持ち方について

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

引き寄せの法則をいまいち使い切れていないな?という方は、そもそも「願いを決める」ことができていないのかもしれません。

引き寄せの法則では「願いをオーダーする」とよく言われますが、細かくオーダーすることの前に、「私はこれが欲しい」「私はこうなりたい」とはっきり認識して「そうなってもよい」と腹をくくる事が難しいことがあります。

腹をくくる事を「決める」「決定する」と言いますが、この「決める」ことの大事さと活用方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

「何でも良いからいいようになりたい」は自分の願いから逃げていますよ

神社でお参りする時に自分の願い事がわからなくなって「何でも良いからいいようにしてください!」と言ってしまった経験はありませんか?

(そもそも神社では日頃の感謝をお伝えするということになっているという意見もありますね)

何でも良いからいいように、というのは願いを叶える側に回ってみると、大変叶えづらい願いですよね。

この人はどうなったら「いい」と言うのだろうか?

ですから、自分は「いい」と思えないようなことが起きてくることもあり、それは当人にとっては「願いが叶っていない」ことなので、「自分の願いは叶わない」と思い込んでしまう原因になります。

自分はどうなりたいのか?というところはしっかり自分で考えてくださいね。

 

引き寄せの法則活用における「決める」ことの重要性

さて、自分がどうなりたいのか、つまり「願いを決める」ことは引き寄せの法則活用においてとても大事なところです。

例えば、何かを購入する時「何でも良い」と言っていてはお金があっても購入できませんよね。

何が欲しいのか、どうして欲しいのか、どういうものが欲しいのか、というところを考えなければなりません。

それは願いにおいては「自分の欲しいもの、なりたい姿、好きな状態」をはっきりさせる過程です。

自分の願いをはっきりさせるから、願いを願うことが出来るのです。

自分はどうしてそれがほしいと思うのか?というところから考えていくと、わかりやすいですよ。

 

細かく条件を設定することが「決める」ことではありません

引き寄せの法則でよく例にあげられるのが「欲しいパートナーの条件を細かく挙げるのが良い」ということです。

「決める」というと、条件などのわかりやすいほうを思い浮かべてしまいますよね。

このパートナーの例で言うと、条件を挙げる前に、

「私は素敵なパートナーと共に幸せになる」

決めることが必須なのです。

そんなの当たり前だろうと思われるかもしれませんが、「自分が幸せになることを許可できない人」はこの決定ができません。

幸せになるという勇気が出ないのです。

どうしてそうなりたいのか、今一度考えてその下にある願いにも気付いてくださいね。

 

スポンサーリンク

決めさえすれば「わからないこともわかる」ことができます

この「決める」のすごいパワーについてお伝えしたいことがあります。

実は「決めさえすれば」、今の自分ではわからないこともわかるようになるのです。

例えば、自分が幸せな状態がわからない人は、「自分にとっての幸せがわかる様になる」と決めると、ひらめきや何気なく目にした情報、もしくは自分の欲しい幸せを持っている人にたまたま出会うなどのヒントがやってくるのです。

ですからわからないからといって諦めてはもったいないですよね。

「わからないことをわかりたい!」と決めて願えば、必ずそのうちヒントがやってくるので是非やってみてください。

早ければ数分で、遅くても数日内には経験上ヒントがもたらされますよ。

そのヒントをもとに、勇気を持って自分の願いを決めてくださいね。

 

「決める」ことは「そうなってもよい」と許可をすること

どうして「決める」勇気が出ないのか、「決められないか」ということについては理由があります。

「決めたことに実際なったら怖いから」なのです。

海外旅行に行きたい!と思っていたら、突然「明日空きが出たのだけど、行かない?」と誘われ、行き先も内容もすべて自分の理想通りだった時、「はい、行きます!」と言えますか?

なかなか言えないですよね。でも行きたいと思っていて、行き先も内容も理想通りなのに不思議ですよね。

このように、いきなり自分の望んでいるものが来ると、案外掴み取るのには勇気が必要なのです。

ですから「決める」ときは「今そうなってもいい」という許可を出して決めてくださいね。

 

まとめ

引き寄せパワーが動き出すための「決める」勇気の持ち方についてお伝えしましたがいかがでしたか?

「決める」と言われると「一つしか決めてはいけない」と思っていませんか?

そんなことはありません。願いはいくつあっても良いのです。

「1つで良いから!」というのは人間が勝手に自分の願いを取り下げているだけであって、謙遜でもなんでもなく、叶いやすくなることもありません。

願いを叶える宇宙には無限のパワーがありますから、遠慮なくいくつも本当に自分の欲しいもの、幸せに向かうものを願いましょう。

「願ったら叶うんだ!」という確信は、またその気持ちに応じたものを引き寄せますから、「願ったら叶う」ことが引き寄せられてきますよ。

自分の幸せを自分でしっかり決めて、そうなってもいいと自分に許可し、遠慮なく幸せになっちゃいましょう!

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.