キングダム実写映画で羌瘣(きょうかい)がいないのはなぜ?キャスト女優の予想も

2019/04/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子
Pocket

2019年4月19日より全国公開の実写映画「キングダム」

 

無事にクランクアップし、映像の編集もあらかた終わったのでしょう。

先日メインキャストが発表されました。

 

この発表されたキャストの中にはメインキャラの羌瘣(きょうかい)が見当たりませんね。

どうして実写映画「キングダム」には羌瘣がいないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

実写映画「キングダム」羌瘣(きょうかい)役のキャストがいないのはなぜ?

キングダム連載10周年を記念して作られたこの動画。

この映像の中で一瞬、羌瘣が剣技を披露しているシーンがありますね。

動きが早すぎて本当に女性が演じているのか疑わしいレベルでした。このレベルの女優さんなら原作ファンでも文句は無いのでは、と思わされます。

 

羌瘣が初めてストーリーに登場するのは「秦魏戦争編」でした。

信が魏との戦いに参加した時に組んだ「伍」

その5人の中に居たのが初登場です。コミックでは5巻の第49話「伍」の回でした。

 

そうそう、成蟜は王弟反乱編で一旦表舞台から退いて再登場するのですよね。

口が悪いのは相変わらずだけど、ちょっと男前キャラになっててそこがまたいいのですね。

 

今回の実写映画「キングダム」は発表されているキャストなどから「王弟反乱編」とも言われていますね。

「王弟反乱編」はコミック1~4巻なので、残念ながら羌瘣の出番は無さそうですね。

 

実写映画「キングダム」羌瘣(きょうかい)の女優は誰か予想

 

スポンサーリンク

 

キャスト未発表の時点で、今回の実写映画「キングダム」に出ないのは分かってるんですけど(汗)

でも気になるものは気になるんです。

 

山本千尋

もし実写映画「キングダム」が大ヒットして続編が作られるなら(合従軍侵攻編を希望!)最有力候補だと思います。

先の連載10周年記念動画に登場した羌瘣も山本千尋さんですしね。

山崎賢人さんが動画そのまま信の役で映画に出演することを考えると、特別な理由がない限り山本千尋さんで決まりかな。

山本千尋さんはジャッキー・チェンの大ファンだった母親の影響で3歳から武術太極拳を始めています。

16歳の時に第4回世界ジュニア武術選手権大会の槍術部門で金メダルを、剣術と長拳部門で銀メダルを獲得しています。

ガチのアクション女優さんなのですね。

 

こじるり(小島瑠璃子)

こじるりこと小島瑠璃子さんと予想されている方、結構いらっしゃいました。

 

小島瑠璃子さんはアメトーーク!「~なぜハマる?~キングダム芸人」の回で羌瘣のコスプレで登場。

原泰久先生も絶賛されていましたね。

 

キャストビジュアル情報

キングダムに登場する人物のビジュアルが、公式インスタグラムにて続々と公開中です。

キングダム公式インスタグラムはこちら

 

信(しん):山崎賢人

View this post on Instagram

映画『キングダム』公式アカウントさん(@kingdom_movie)がシェアした投稿

昌文君に向かって啖呵を切っているところでしょうか。

「これまで二人で鍛えてきた武で大功をあげる!!」

なんてセリフが聞こえてきそうです。

 

漂(ひょう):吉沢亮

序盤の泣けるシーンの一つですね。

 

贏政(えいせい):吉沢亮

この一人二役は吉沢亮さんの為にあると言っても過言ではないのでは。バッチリはまっています。

 

河了貂(かりょうてん):橋本環奈

橋本環奈さんは可愛いのにどんな役でも似合ってしまいますね。

 

昌文君(しょうぶんくん):高嶋政宏

実力演技派の高嶋政宏さんが昌文君を演じます。山崎賢人さんとの掛け合いがどんなものになるか、注目ですね。

 

王騎(おうき):大沢たかお

秦の怪鳥こと王騎を演じるのは大沢たかおさん。序盤のどっちの味方か分からない不気味さは表現できているのでしょうか。

 

謄(とう):要潤

謄といえばファルファルですが、序盤はあんまりファルファル無かったですっけね。要潤さんの謄は男前マシマシな気がします。ファル。

 

壁(へき):満島真之介

壁のあんちゃんも男前でカッコいい。私の中で上司にしたい男No.1。

 

楊端和(ようたんわ):長澤まさみ

銀魂のお妙さんとはうって変わってガチでシリアスな長澤まさみさんの楊端和。

「全軍、血祭りだ」とか言って欲しいです。

 

バジオウ:阿部進之介

原作の雰囲気をバッチリ踏襲している阿部進之介さんのバジオウ。

楊端和の下とはいえ強さは折り紙付きですね。

 

タジフ:一ノ瀬ワタル

一ノ瀬ワタルさんのタジフも絵的に原作まんまかと。

タジフの強さはあまり目立ちませんが、周りが強すぎるからでしょうね。

ランカイ戦でバジオウと共にどんな戦いを見せてくれるのか、楽しみです。

 

成蟜(せいきょう):本郷奏多

本郷奏多さん演じる成蟜は見るからに悪そうで、歪んだ性格をうまく表現しているように思います。

一旦表舞台から退いだ後原作では呂不韋との勢力争いで再登場しますが、人間的に成長していてこれがあの成蟜かと驚かされました。

 

左慈(さじ):坂口拓

坂口拓さんが演じる左慈は戦闘シーンでの出番が多そう。

山崎賢人さんとの殺陣のシーンが見られるのが待ち遠しいですね。

 

魏興(ぎこう):宇梶剛士

魏興を演じるのは宇梶剛士さん。

コメントにもありましたが、確かに蒙武の雰囲気を持ってると思いました。

映画の続編が製作されるならば、是非蒙武役で出て欲しいです。

 

竭氏(けつし):石橋蓮司

竭氏を演じる石橋蓮司さんは、降旗康男監督や三池崇史監督の映画には欠かせないベテラン俳優さんですね。

今回もいい味出しています。

 

肆氏(しし):加藤雅也

肆氏は反乱軍を指揮していますが、後の呂不韋との政争の際に贏政側につくことになります。

加藤雅也さんの肆氏は文官というよりも武官っぽい雰囲気がありますね。

 

朱凶(しゅきょう):深水元基

これまた再現度高い深水さんの朱凶。

既に何人か殺ってるでしょこれ…

 

ムタ:橋本じゅん

「ムタの強さは脅威だべ」

信よりも早い動きのムタですが、映画ではどんな動きを見せてくれるのでしょうね。

 

里典(りてん):六平直政

強面の名脇役といえば六平直政さん。手に持っているムチのようなもので山崎賢人さんを叩くシーンがあるんでしょうかね。

 

まとめ

もし先の動画が映画のパイロット版として制作されているなら、実写映画「キングダム」続編までシナリオができていても不思議じゃありませんよね。

是非大ヒットしてもらって、続編決定!となっていただいて、実写の羌瘣を見てみたいですね。

編集の段階で原泰久先生が5回も泣いたらしい実写映画「キングダム」

どんな出来上がりになるのか、とても楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

キングダムが好きな人にこの情報をシェアしてみませんか?
記事が参考になったという方はFBなどで「いいね!」していただけると嬉しいです!

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
扉子

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.