新しいことを始めるには勇気がいる?きっかけやタイミングで不安を解消する

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

「◯◯してみたいなぁ」「××に挑戦したいなぁ」と新しいことをしてみたいという気持ち起こった時、同時にその気持ちを引き止めるような考えが浮かんでくることがありませんか?

 

できるわけがない
もう少し準備してからしよう
どうせ続かないし

 

これは、不安から来る思いなのですね。

しかし、新しいことには不安はつきものです。

 

そこで今回は新しいことを始める時に必要な不安を乗り越える心構え、始めるキッカケやタイミングなどについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

新しいことを始めるベストタイミングは「やりたくなった時」

新しいことはいつ始めたらいいのだろう?と悩みますよね。

仕事や学業、またはお子様をお持ちならやはり「忙しくない時」を選びたいと思うかもしれません。

しかし、自分のことは自分のペースで始め、進めていくことが一番ストレスが掛かりませんし、前向きにやることができます。

 

新しいことを始めるなら、やりたくなった時がベストタイミングです。

 

始めるといっても、例えばすぐに入会しなければならないであるとか、道具を揃えないといけないであるとか、申込みを完了しないといけないであるということではありません。

新しいことについて始める、と自分の中で決めて、どんな小さいことでもいいので行動に起こしてみましょう

 

本を買う、関連情報に触れる、経験者に聞いてみる、という小さいことでも、新しいことについての扉を開いてくれますよ。

 

新しいことを始める時に必要な勇気とは

とはいえ新しいことを始めるには勇気が必要です。

何故かと言うと、「今落ち着いている生活を変えなければならないから」です。

人間は安定を求める生き物ですから、どんなに喜ばしい理由、例えば昇進・結婚などでも今までの生活を変えなければならないことに対しては不安に思う生き物です。

その不安を越える勇気が必要なのです。

ところで、この勇気、生活を一変させるくらいの大きな勇気が必要だと考えていませんか?

 

実はそうではないのです。

新しいことを始める小さな一歩を踏み出す勇気、これがあれば新しいことを始めることができます。

小さな一歩ならそれほど生活を大きく変えなくても良いので、掛かるストレスを軽減することができますよ。

 

新しいことを始める時に起こる不安の対処法

今安定している生活を変える時に起こる不安について、大事なのは「不安を認識すること」です。

 

「今不安に思っているのだね」
「何について不安に思っているのかな」

 

と自分に問いかけることで、また自分がその問に対して答えを出すことができればさらに、不安の正体が見えてきますから対処法がわかります。

 

不安の厄介なところは「放置しておくと大きくなる」ことですから、小さいうちに解消しておくことをオススメします。

その解消方法が、自分の不安を認めることと、何を不安に思っているのか知ることです。

 

何を不安に思っているのかということについて解決策があればいいですが、やってみないとわからないことも多いので解決することについては重要視しなくても構いません。

自分を知ることで、不安は消えていくのです。

 

スポンサーリンク

失敗したくないという思いは厄介

新しいことですから当然未経験のことが多いですね。

 

この新しいことを始める時に厄介なのは「失敗したくない」「1回でうまくいきたい」と知らないうちに思ってしまっていることです。

この思いが強い人は、なかなか行動に移すことができません。

「◯◯が終わったら」「お金が貯まったら」「時間ができたら」という最もらしい理由をつけては新しいことを始めるのを延ばし延ばしにしていきます

 

ここで「どうしてその新しいことを始めたい」と思ったのかということに立ち返ってください。

うまくやるためですか?
失敗しないためですか?

そうではなかったはずです。何か目的があるはずですよね。

 

その目的を達成したければ、一日も早く始めたほうがいいですよね。

失敗したくないのね、と自分の思いを認めて、さっさと新しいことを始めてしまいましょう。

 

本当にやりたいことなのかわからない人へ

いろいろ手を出しては見るけれど、続かないという方がおられますよね。

このような方は、瞬間的には「これやりたい!」と思って行動に移すけれど、「本当にやりたい」ことではなかったという場合が多いです。

そのような時の見極め方ですが、【充実しているかしていないか】ということを自分にしっかりと聞いてみましょう。

 

いろんなことに手を出して充実している人は、います。

やりたいことをじっくりやって充実している人も、います。

 

充実している人には焦燥感はなく、満たされている感覚があります。

逆にやりたいことがわからないという方は、とりあえずやってみなければそれがやりたいことかどうかはわかりません。

失敗したくない、無駄足踏みたくないという思いが強くて踏み出す勇気が今はないのですね。

 

自分が興味を惹かれたものに対して、一歩を踏み出す勇気を持ってください。

やってみれば自分がやりたかったことかどうかがわかりますよ。

 

まとめ

新しいことを始める時に必要な不安を乗り越える心構え、始めるキッカケやタイミングなどについてお伝えしましたがいかがでしたか?

 

ここで、海外の記事を一つご紹介します。

看護師が人生を終わろうとする人たちからよく聞く言葉についての記事です。

 

死にゆく人が後悔すること5つ(英文)
http://www.collective-evolution.com/2013/04/27/the-top-5-regrets-of-the-dying/

 

このトップが「もっと自分らしく生きることに勇気を持てばよかった」ということです。

 

自分らしく生きるとは、自分がやりたいことをやればよかった、言いたいことを言えばよかったという後悔ですね。

死ぬ間際も人間は自分らしく過ごしたい、過ごしたかったと思うのだということがよく分かる重みのある一言です。

 

自分がやりたいと思った新しいことを始める勇気を持って、人生を謳歌しませんか。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 引き寄せの扉 , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!